雨の降り注ぐ公園で

7月9日(木)雨が降ったりやんだり

雨の降り注ぐ公園で

梅雨の
雨が
やみそうもなく
降り続ける
昼休み

公園で
若者たちが
濡れながら
それでも楽しそうに
時を過ごしている

高校生だろうか
職人だろうか
若い男性が4人
1人が投手
1人が打者
1人が捕手
そして1人が野手の
位置にいて
投手が
コントロールも
スピードも落第点の
ボールを投げ
それを打者が
何でもかんでも打ち返そうとする
空振りが続き
時々凡ゴロが転がる
そして野手がそのゴロを処理して
投手にボールを返す
(どうでもいいけど
この野手がいちばんボールさばきが
上手だ)
ボールは次第に
泥だらけになり
彼らの服も
濡れて
汚れてゆく

その一方で
公園の片隅で
金髪と茶髪の
若い女性が2人
傘をさして
雨をよけながら
しゃがんで
弁当を食べながら
何かおしゃべりをしている
よほど面白いことを
話しているのだろうか
雨が強くなってきたのも
気づかない様子だ

どちらも
楽しそうに
昼休みを
過ごしているのだが
もっと
楽しく
過ごせるかもしれないし
そういう可能性を
見つけるほうが
よさそうだ
そんなことも考えない様子で
彼らは彼らの
今の時間を
楽しく
過ごしているらしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ともすれば やり過ごしてしまう様な
平凡な光景ですが
雨の中を 傘をさして佇む
たんめんさんの姿が浮かび上がります

見た光景を丁寧に描写する事で
逆に作者のシルエットと周りの情景が
絵画的に 浮かび上がって来るんだなぁ!と想いました

それを 気付かせてくれまして 有難うございました〜♪

Re: No title

コメントをありがとうございました。
> 見た光景を丁寧に描写する事で
> 逆に作者のシルエットと周りの情景が
> 絵画的に 浮かび上がって来るんだなぁ!と想いました
>
> それを 気付かせてくれまして 有難うございました〜♪

私としては、見た情景をできるだけ客観的に描きだして、雨の中で楽しそうにしている若者たちに、もう少し世の中を見る目を広げてほしいという望みを伝えようとしたつもりなのですが、優さんのような受け取り方もできるのだなと思いました。「絵画的」というのは褒めすぎに思われますが、身の回りの出来事の写生のような詩を書きながら、詩のリアリズムを追求したいと思っています。(リアリズムが最終的な目標ではないのですが…)こちらこそ、ありがとうございました。
プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR