ビールという言葉

5月8日(金)晴れ

 昨日の当ブログで取り上げたコリン・ホルト・ソーヤー『旅のお供に殺人を』に登場する(というよりも、『海の上のカムデン』シリーズ常連の1人である)酔っぱらいのグローガン翁がエンセナダのホテルですぐにビールの新しい一杯を満たすサーヴィスの良さに感心して次のように言う:
「新しいビール(セルベイサ)じゃ、みんな見たかね? こりゃ、すごい魔法じゃ! おっと、わしはスペイン語のビールって単語をちゃんと覚えとったぞ、えらいもんじゃろが。いや、こりゃあいい、最高の夜になるわい!」(161ページ)。

 ビールという言葉はオランダ語のbierに由来するそうである。英語ではbeer, ドイツ語ではBierというのは御存じの方も多いと思う。ヨーロッパには田中克彦/ハラルト・ハ―ルマン『現代ヨーロッパの言語』によると67の言語が存在していた。その後、不幸にして絶滅したり、新しく独立の言語として認められた言語があるかもしれないが、だいたい70前後の言語が存在していると考えてよいだろう。世界に存在する言語は5000~7000といわれているから、その中でヨーロッパの言語が占める割合は著しく小さい。とはいっても、その中にはヨーロッパ以外の部分でも使われる世界の有力言語が含まれていることも視野に入れておくべきである。

 ヨーロッパの言語がその形を整えたのちに、ビールという飲み物がそれらの言語を話す人々の生活の中に入ってきたので、ビールは、ヨーロッパの諸言語の中でいろいろに呼ばれ、それどころかそれぞれの比較言語学的な系統とは別の語彙となっているようである。つまり、英語、オランダ語、ドイツ語はインド=ヨーロッパ語族の中のゲルマン語派に属しているが、ロマンス語派に属しているフランス語でもビールのことをbière, イタリア語ではbirraという。ロマンス語派の諸言語のもとになっているラテン語ではビールのことをcervesiaというのだから、ゲルマン語派の言語の影響を受けてこのような言い方をするようになったと考えられる。なお、同じロマンス語派のルーマニア語でもビールのことはbereという。

 しかし、ラテン語の影響はイベリア半島に残っている。スペイン(カスティージャ)語では、すでにみたようにcervezaという言い方をするし、ポルトガル語ではcervejaという。実は私がブラジルに出かけて覚えた唯一のポルトガル語の単語がこのcervejaであったのだから、小説の中のグローガン翁のスペイン語学習を笑えないのである。ちなみに同じイベリア半島の言語であるカタロニア語ではビールのことをcervesa、ガリシア語ではceruexaといい、どちらもやはりラテン語の系譜に連なっている。

 しかし、人口1人当たりのビール消費量では世界上位に位置するチェコの人々はビールのことをpivoといい、これはロシア語のπиво、ポーランド語のpiwoと同系の言葉であることはすぐにわかるだろう。つまりヨーロッパの言語の中ではドイツ語のBierのようにゲルマン語風の言い方が有力ではあるが、ラテン語の影響下にあるスペイン語のcervesaや、スラヴ系のpivoに由来する単語を使う言語もあるのである。

 なお、ギリシア語ではΜπυρα、デンマーク語ではФlというのはインド=ヨーロッパ語族中の例外的な例といえよう。(デンマーク語はゲルマン語派に属するが、この言い方は、ビールの中の1種類である英語で言えばaleが全体を表す言い方になったのではないかと推測している。) ケルト語派に属するウェールズ語でcwrwというのはラテン語の影響を受けているように思われ、アイルランド=ゲール語でbeoirというのはゲルマン語派の影響を受けた言い方のようである。インド=ヨーロッパ語族に属さないハンガリー語ではsörとこれまた別の言い方をするらしい。

 さて、しかし、英国のパブなどでビールくれ‼などと叫んでも、ビールを出してくれるわけではない。"A pint of bitter ,please!"とか、”A pint of pale, please!"というようにビールの種類をいうか、その店に並んでいるビールのブランドを読み取って、”A pint of Tetley, please!"というように言うかしないと通じない。どのビールがいいかは、飲み比べて自分の嗜好を突き止めるべきであろう。とはいえ中華料理店だったら、青島ビールがあれば、チンタオというのが無難だし、インド料理店だったらコブラというのがいいのは、以前に書いたはずである。pintという単位で頼むのは生ビールに限られる。同じビール大国のドイツやチェコでどういうふうに注文をすればいいかは、それぞれの旅行案内書をご覧ください。私は行ったことがないから、わからない。それに実は、尿酸値が気になるので、最近はあまりビールは飲まないようにしているのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR