語学放浪記(47)

1月9日(金)晴れ

 NHKラジオ「英会話」の15:45からの再放送を聴くために、その前に放送される「アンコールまいにちロシア語」上級編(‼)「どこまでもゆっくり~カタツムリの上級編~」の最後の方を聴いていたら、パートナーのロシア人女性が講師の黒田龍之助さんに先生はいくつ言語ができるのですか?と質問していた。黒田さんが答えて、「自分でもわからないんですよ」。こういうセリフを言ってみたいと思うが、私の場合、まあ2つ(日本語と英語)というのが無難な答えであろう。その英語がすらすらと口をついて出ないので苦労することが多いというのが現状である。

 さて、その現状を踏まえて、新しい年を迎えての取り組みについて簡単に述べておく。相変わらずラジオの語学講座を聴いている。最近は就寝が遅いので目を覚ますのも遅くなり、朝の語学番組は聞きのがすことが多くなってきた。それでもうつらうつらしながら、7:30からのフランス語の時間を聴くこともある。初級編が10月から続いている久松健一さんの「Pas à pas~ころばぬ先のフランス語入門」で、再放送ということもあり、多少ゆとりをもって聞いているが、ゆとりが油断になりがちなのが要注意。1月から始まった応用編は清岡智比古さんの「そうだ、中級の準備をしよう! 池袋より愛をこめて」はなかなか中級に進めない私にとっては適切な目標を掲げているように思われるが、実際に聞いてみると現代の若者の会話に重点を置いた内容で、うーん、私のような老人には少しきついかもしれないなぁと思っているところである。

 7:45からのイタリア語の時間は、初級編(入門編よりも少し高度)が10月から続いている「サンタとグイードの物語」の再放送で、2度目とはいうもののやはり少し難しさを感じる。応用編は1月から「ニッポンを話そう Parliamo del Giappone」でこれはさらに難しい。第1回、第2回目の放送は歌舞伎についてで、見たこともない歌舞伎をどうやってイタリア人に説明するのかと思わないでもないが、これからは別の話題も取り上げられることだし、さまざまな日本の文化についてイタリア語でどのように説明するのか、わかったところだけでも参考になりそうなので、ぼちぼちと聞いていこうと考えている。

 12:25からラジオ英会話の2回目の放送があり、英会話の時間は結構楽しんで聞いているのだが、出された問題にすべて正解を出せるというわけではないのが、今後の努力を要する点である。その後12:40から月曜日と火曜日は「入門ビジネス英語」、水曜日から金曜日までは「実践ビジネス英語」の時間を聴いている。「入門」の方はかなりの量の話す練習が課せられているが、「実践」の方は会話を聴いてその内容をとらえることに重点が置かれている。聞いたり話したりすることは比較的苦手なので、それを克服するためにもできるだけ聞きのがさないようにしている。

 14:30から「まいにちフランス語」の再放送があり、朝の放送を聴かずにこちらの方だけを聴くことが多くなってきている。15:10から「ワンポイントニュースで英会話」を聴き、その後、「まいにちドイツ語」を聴いている。こちらは入門編、応用編ともに10月からずっと同じ番組である。さらに15:45から「ラジオ英会話」の3回目の放送を聴く。そして16:45から「まいにちイタリア語」の再放送を聴く。

 夜は21:45から「ラジオ英会話」の4回目の放送を聴き、23:15から「ワンポイントニュースで英会話」、23:20から「入門ビジネス英語」か「実践ビジネス英語」の時間を聴いている。また土曜日、日曜日には「攻略! 英語リスニング」の時間と、英会話、ビジネス英語の再放送をまとめて聴くことが多い。もちろん、ほかに用事があったり、映画を見に出かけたりするときは、番組を聞かないこともあるのだが、それでも1日に1番組を最低1回は聞くことにしている(録音する装置をもっていないのである)。

 いろいろな番組を聴いている効果はまだまだ未確認であるが、1月8日の「ラジオ英会話」の時間に I was tied up at work. (仕事で手が離せなくて)という表現が出てきて、そういえば、1月5日の「入門ビジネス英語」の時間には I'm a little tied up right now. (今はちょっと忙しいのです)という言い方を練習したなと、それぞれの時間で学んだ事柄を結び付け始めているところである。

 最近は英語に力を入れていて、その分、他の言語への関心が薄れているような気もするので、書店に出かけたりすると、できるだけその他の言語についての本も眺めるようにして、関心がなくならないように心がけている。黒田龍之助さんの『寄り道ふらふら外国語』(白水社)という本も出たことだし、これからもできるだけ楽しみながら放浪することを心掛けていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR