日記抄(10月22日~28日)

10月28日(晴れ)

 どうも風邪をひいてしまい、鼻づまりと咳とでよく眠れなかった。昨日外出した時に、汗をかいたのをそのままにしていたのが主な原因らしい。それにこの1週間は遠出を含めて外出が多く、疲れがたまっていることも確かである。そういう1週間のうちに考えたこと、経験したことなど:

10月22日
 昨日の『入門ビジネス英語』の時間で、講師の関谷英里子さんは「英語には『話す』という意味の単語がたくさんあります。今回使ったspeakのほかにもtalk,say, tellなどがそうです。また、この講座を以前からお聞きいただいている方にはおなじみのshareもよく使われます。これらは文法をおさえれば置き換えが可能な場合が多いので、細かいところはそこまで気にする必要はありませんが…」と話していたが、『実践ビジネス英語』では”Sharing Too Much?"というビニェットを取り上げている。最近アメリカ人がよく使う”Thank you for sharing"(シェアしてくれてありがとう)というのは実にうっとうしい決まり文句だという話題が語られている。詳しい打ち明け話を好むのが果たしてアメリカ人の最近の傾向というだけなのかは疑問であるが、shareという場合、単に「話す」ということでなく、それによってある情報を共有することに主眼があるようである。

10月23日
 NHKカルチャーラジオ『蕪村の四季』の第4回は「はしだての秋――先駆者百川」として、蕪村が先達と仰いだ彭城(さかき)百川への思いを彼の画業と俳諧の両方から探る内容であった。蕉門十哲の1人各務支考の門人であった百川は名古屋で薬種商を営み、各地を旅行しながら書画と俳諧を嗜み、一介の市井人として画を売って、酒や詩を愛して生きようとした。蕪村は同じ十哲の1人で支考とは対立関係にあった其角の弟子である早野巴人の弟子ではあったが、そうした系譜を超えて、百川には共感をもっていた。彼もまた町絵師として腕を磨き、画を売って生きた。また興に乗じて詩歌や風流を楽しみ、酒を愛し、俳諧に遊び、京都の町の片隅で暮らした。彼が百川を先達としていたことはこのことからもわかるという。たしかに魅力的な生き方ではあるが、画も詩も生活を支えるほどのものではない人間には無理な相談である。

10月24日
 NHKラジオ「まいにちイタリア語」応用編「インタビューで学ぼう!イタリア語」の10月放送分は、翻訳家であり、作家としても活動し、大学で教える一方で、インタビューアーとして通常なら見過ごされているような地域に住んでいる、強くて優秀な女性たちの法文記事を書いているアレッサンドロ・ジェレヴィーニさんのインタビューから構成されているが、最後にジェレヴィーニさんがla verità è che io sono io. ...Io sono un'unica entità e quindi tutto quello che faccio è sempre un'unità unica.(実際のところ、「自分は自分」なんです。…私は一つであって、私がやっていることもすべて一つなんです」と語っていたのが印象に残った。

10月25日
 NHKラジオ「攻略!英語リスニング」の時間ではハロウィーンの前後に『マクベス』をめぐる話題が取り上げられた。マクベス(?-1057)は実在したスコットランド王で、エディンバラを訪問したときにスコットランドの歴代の国王の名前が書かれた掲示があって、その中に確かにマクベスという名前があった。シェイクスピアの戯曲があまりにも有名になってしまったのでますます歴史的な事実が見えにくくなっていて、どこからどこまでが本当のことかはわからない。日本で言うと前九年の役のころの話である。そうやって考えてみると、別の見方ができるかもしれない。

10月26日
 亡父の誕生日であるが、取り立てて何もしない。世の中にはいろいろな記念日があるが、少しずつ新しい記念日に置き換わっていく。それが自然なのだろうと思う。
 
10月27日
 109シネマズMM横浜で『まほろ駅前狂騒曲』を見る。物語の展開がやや乱暴なのではないかと思った。新興宗教が出てくるという点では『水の声を聞く』と共通するのだが、『水の声』のほうが作り方が真面目だという印象がある。奈良岡朋子が出演していて、先日観た『ここに泉あり』に端役で姿を見せていたのを思い出して、時間の推移を感じていた。

10月28日
 五味文彦『鎌倉と京 武家政権と庶民世界』(講談社学術文庫)を読み終える。「中世日本」の歴史を多角的に概観している。鎌倉も京都も比較的よく知っている町であるが、そのほかの場所でも都市的な生活が芽生えていたことなどが語られている。この本が面白くて、昨夜遅くまで起きていたことも手伝って風邪は最悪の状態である。できるだけゆっくり寝て、栄養を補給することにしよう。しばらくは好物だけを薬食い
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お大事に

急に朝晩冷え込み、体調を崩している方が多いようです。
どうぞ、お大事になさってください。
プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR