2014年の2014を目指して(9)

9月30日(火)晴れ

 9月はずっと横浜で過ごした。1月からの通算では東京で過ごしたのが176日、横浜で過ごしたのが97日ということである。新たに、鎌倉市に出かけ、横須賀線に乗り、鎌倉駅、品川駅、市ヶ谷駅、黄金町駅を利用した。

 この記事を含めて32編の記事を当ブログに投稿している。内訳は読書が21、日記が6、映画が3、推理小説と外国語がそれぞれ1ということで、今月は詩を掲載できなかった。書いてはいるのだが、人様にお見せする水準に達しなかったというのが悔しい限りである。記事に対していただいたコメントは6件、また自分で3件のコメントを書いている。トラックバックは1つであった。これまでのところ283の拍手をいただき、その中に5件のコメントが添えられていた。

 14冊の本を買い、10冊の本を読んだ。1月からの累計では118冊の本を買って、90冊を読んだことになる。一応、1月10冊のペースは守っている。読んだ本の題名を列挙すると:金子拓『織田信長<天下人>の実像』、田丸公美子『シモネッタのアマルコルド』、近藤史恵『タルト・タタンの夢』、今野真二『「言海」を読む ことばの海と明治の日本語』、桜井哲夫『一遍と時衆の謎 時宗史を読み解く』、網野善彦『中世的世界とは何だろうか』、須賀敦子『雲のむこうに住みたい』、椎名誠『本日7時居酒屋集合! ナマコのからえばり』、堀啓子『日本ミステリー小説史』、志村五郎『数学をいかに教えるか』である。

 9月に観た映画は5本で、『わが闘争』、『つむじ風』、『バナナ』、『水の声を聞く』、『祖谷物語 おくのひと』と全部日本映画である。1月からの観た映画の合計は50本、今月新たに出かけた映画館というのはない。

 鎌倉の神奈川県立近代美術館別館で「ベン・シャーンとジョルジュ・ルオー」、横浜のFEI ART MUSEUMで第3回版画公募展の入選作品展を見ている。ルーテル市ヶ谷ホールで別府葉子シャンソンコンサート2014を聞き、ニッパツ三ツ沢球技場でJ2の横浜FC対大分トリニータ戦を観戦している。これで観戦したサッカーの試合は3試合となった(例年に比べるとかなり少ない)。

 NHKラジオまいにちドイツ語、フランス語、イタリア語の時間をそれぞれ22回聴く。9月26日に2014年度前半の番組が終わり、29日から新しい番組に入っている。この機会に入門ビジネス英会話の時間を聴きはじめ、2回を聴いている。10月からは実践ビジネス英会話の時間も聴くつもりである。

 カルチャーラジオ『聖地エルサレムの歴史』を4回、『生誕450年 シェークスピアと名優たち』を4回聴いている。前者は1回分を聞き逃している。

 ノート2冊を使い切り、万年筆のインク・カセットはウォーターマンを7本、パイロットを1本使い切っている。そのほかにスティックのり1本を使い切った。

 酒を飲まなかった日が8日ある。このところ、飲酒量は減らしているが、酒を飲む日が増えてきているのが問題である。

 10月は動き回ることで数字を動かしていきたいと思うが、さて、どうなるか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR