2014年の2014を目指して(8)

8月31日(日)曇り

 雨が降るという予報だったので、サッカーの試合の前売り券を買わず、試合自体も見に出かけなかった。これでよかったのかどうか。

 8月はずっと横浜で過ごし、時々東京に出かけたが、行動範囲が広がったとは言えず、今年になって初めて利用したのは、九段下と日ノ出町駅だけである。鉄道のほかに、東京都営バスを利用している。

 31件のブログを投稿する。18件が読書、5件が日記、詩、映画、外国語、推理小説が各2件ということである。295の拍手、2件の拍手コメント、3件のコメントを頂き、トラックバックは1つであった。

 14冊の本を買った。1月から買った本の通算は104冊である。新たに文教堂渋谷店で本を買った。今年になってから本を買ったことのある書店の合計は8軒となった。読んだ本は10冊で、アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ全集② 四つのサイン』、田中康二『本居宣長』、アレクサンダー・キャンピオン『パリのグルメ捜査官③ 美食家たちが消えていく』、井上荒野『キャベツ炒めに捧ぐ』、三浦しをん『仏果を得ず』、金田一秀穂『金田一家 日本語百年のひみつ』、山田雄司『怨霊とは何か』、椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 下』、諏訪哲二『「プロ教師」の流儀 キレイゴトぬきの教育論』、諸星裕 鈴木典比古『弱肉強食の大学論 生き残る大学、消える大学』である。『四つんサイン』は別の翻訳で、『哀愁の町に霧が降るのだ』は別の版ですでに何度か読んだことがある。1月からの読んだ本の通算は80冊となった。1月に10冊のペースを維持しているが、なかなかそれ以上にならない。

 見た映画は5本で『独立愚連隊西へ』、『2つ目の窓』、『陽気な巴里っ子』、『アフリカ珍道中』、『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』である。1月からの観た映画の通算は45本である。新たに横浜シネマ・ベティに出かけ、1月からの出かけたことのある映画館の通算は18館となった。

 ニッパツ三ツ沢球技場で横浜FC対カマタマーレ讃岐の試合を観戦し、今年になってから見たサッカーの試合は2試合となった。天皇杯が1試合、J2が1試合ということである。

 ドイツ語、フランス語、イタリア語の時間をそれぞれ16回ずつ聴いた(再放送は含めない)。1月からの通算ではフランス語とイタリア語がそれぞれ159回、ドイツ語が100回ということである。8月はフランス語に重点を置くということで、ヴェルヌの『八十日間世界一周』を易しく書き改めて対訳にしたものを読んできたが、月末までに読み終えることはできなかった。9月は重点をラテン語に移すつもりである。

 ノートを1冊、万年筆(ウォーターマン)のカートリッジを3本、パイロットのカートリッジを1本、セーラーのカートリッジを2本使い切った。新たにセーラーが加わったのは、<ふででまんねん>を購入したためである。1月からの通算でノートは28冊、万年筆のカートリッジはそれぞれ36本、14本、2本を使い切っている。

 アルコールを口にしなかったのは9日にとどまった。1月からの通算では114日ということである。暑さのために意志が弱くなったといえるかもしれない。

 サマー・ジャンボは7等が5枚当たっただけであった。1月からの通算であたったのは22枚にとどまっている。確率論から言えばこんなものだといえるのかもしれないが、そこをもう少し何とかならないか…と虫のいいことを思い続けている。

 8月は暑い日々が続き、月末に入ってさすがに和らいできたとはいうものの、体調も精神状態も万全とは言えず、引っ越し後の身辺の整理もあまり進まないままである。今年も残すところ4か月、少しずつでも調子を上げて、2014年の2014を達成しタイのだが、さてどうなるか、前途多難である。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR