淡彩の街

7月4日(金)雨が降ったりやんだり

 淡彩の街

いつもは降りない駅で降りて、
いつもは利用しない路線に乗り換えた。
高架線の駅のプラットフォームから
見慣れないけれども、
どこにでもありそうな
市街地を眺め下していた。

煙のような雨で
輪郭がぼけて
淡彩の絵のようにぼんやりと
道路と街路樹と車や人の流れと
建物が見える

仕事がうまくいったとか、いかないとか、
昼はうどんを食いに行こうとか、いかないとか、
すみません、ちょっと医者に行ってきますとか
様々な人間喜悲劇が
このぼんやりとした眺めの向こうで
毎日続いているのだろう

今日は雨が降って
淡彩のような人間模様を感じさせているが、
晴れた日は、たぶんもっと元気に
人々が行き交っているのであろう

見知らない街でも
大勢の人たちが
その毎日を過ごしていて
喜怒哀楽を展開している

梅雨時の
淡彩のような街の眺めは
毎日の生活の怒り・憤りを
少しは和らげる
そして たぶん
明日もなんとか
平和な日々が続くのだろう

それでも電車は遅れているし、
また事故が起きたので
もっと遅れるというアナウンスがあった。
幸いなことに、
私は急いではいないが、
いらだちが怒りに変わろうとしている人もいるかも知れない。

そんな街を眺めながら
電車を待っている
私だって
本当は
昨日も今日も明日も
誰かから眺められ
同感されたり共感されたりしている
街で暮らす人間の一人・・・

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR