語学放浪記(27)

4月5日(土)晴れたり曇ったり、一時雨
 このシリーズでは、これまでどういう言語をどのように勉強したかという回想が多かったのだが、今回は今、何をしているか、これからどうしていきたいかを書いてみる。

 3月31日からNHKラジオの語学番組がそれぞれ新しいシリーズに入った。そういうこととは関係なく、自分の意思で学習計画を立てて実行していくことができればよいのだが、外部の刺激に頼って学習する方が容易に感じられて、それが習慣化している。今年度からドイツ語を勉強してみようと決心した。フランス語とイタリア語だけでもかなりの負担になるのに、さらにもう1つ加えるのは無謀かもしれないのだが、最悪の場合はフランス語だけが上達すればよいというつもりで、それ以外の目標は低く、努力はできるだけ切り詰めて取り組んでいこうと考えていた。

 実際の番組の内容を検討してみると、当初の予定を多少変更する必要が生まれてきた。ドイツ語は入門編がKompass、応用編が「言うが花のドイツ語 Wer spricht, gewinnt.」でともにコミュニケーション力をつけようという目標を掲げている。講師の1人のハンス・ヨアヒム クナウプさんとパートナーのズザンネ シュテフェンさんの自己紹介があまりよく聞き取れなかったとはいうものの、これまでのところ、内容についていくことよりも、放送時間(7時から7時15分まで)に目を覚ましていることの方が難しいという感じである。まあ、油断せずに続けていくことにしようと思っている。

 フランス語は珍しく初級編ではなくて、入門編として「話せるフランス語~文法より実戦練習」ということで、会話に力点を置いたコースを設計している。これまでかなりの回数フランス語の時間を聞いてきたので、だいぶ耳が慣れてきたとはいうものの、口で発音する方はなかなかうまくいかない。フランス語については、辞書を引いて本が読めるというレヴェルを目指すとはいうものの、ある程度発音ができないと読むことにも支障が出るので、しっかり練習を重ねるつもりではある。その一方で応用編の「作家とともにパリ散歩」の再放送では、パリを題材とするさまざまな文学作品が取り上げられている。分かりやすいものを選んでいるのかもしれないし、一度放送を聞いているのだが、かなりの手ごたえを感じる。放送を聞くだけでなく、教材を自力で読み進む努力をしなければと思うのだが、なかなか手が回らない。

 イタリア語は入門編が「イタリア語のシャワーを浴びよう! Facciamo una doccia d'italiano!」でやはりコミュニケーション力をつけることに重点を置いているが、10月から少し高度な「初級編」へと連続することを目指している点がドイツ語、フランス語とは違う。こちらもだいぶ耳が慣れてきた感じであるし、イタリア語の方がフランス語に比べて日本語との発音の違いは大きくないとはいうものの、実際にイタリア語を母語とする人の話し方は速いので、やはり口に出して発音していくことの困難に変わりはない。応用編は「イタリア:24の物語 L'Italia in 24 storie」の再放送で、イタリアの各都市にまつわる様々なエピソードを紹介するものである。フランス語の応用編がパリだけを取り上げているのに対して、イタリアはいろいろな都市を取り上げているというところが、それぞれの国柄をよくあらわしているといえよう。イタリア語は実用というよりも、趣味で勉強していると割り切っているので、その点は気楽である。

 ドイツ語とイタリア語の入門編がそれぞれ「欧州共通参照枠」(CEFR)の一番初歩の段階であるA1(簡単な自己紹介ができるレヴェル)を参考にして作成されているというのは興味深く、やる気をかきたてるところである。勉強方法についてみると、今までのところ特にノートを作らず、テキストに書きこむだけで済ませている。もっとも来週以降、気が変わって一部のコースについてはノートを作成することになるかもしれない。またそれぞれの時間に何を学んだかについて全体的に見ることができるようなメモは作成している。

 フランス語については以前にも書いたように清岡智比古 レナ・ジュンタ『フランス語初級卒業講座』を読んで勉強しようと思っているのだが、なかなか計画通りに読み進めることができないでいる。このほかにラテン語の勉強を再開しようと思っているのだが、なかなか時間が取れない。ノートにラテン語のことわざを書き記して、時々読みなおすように心掛けるという程度のことしかできそうもない。これからも時々、現況報告のようなことは書いていきたいと思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR