昔の仲間たち

3月6日(木)晴れ

 昔の仲間たち

詩を書くだけで
生活している人間は
ほとんどいないとは心得ていたが、
それでも詩を書き、
場所を見つけては
集まって批評し合い、
やっとまとめた雑誌を
周りの人間に押し付けていた。

一緒に集まっては
文学を語り、社会を語り、
未来を語った。
むかしの未来は、
つまり現在で、
昔の仲間たちと語り合ったのとは違う
社会で生活しながら、
彼らのことを思い出す。

記憶の糸をたどり、
詩の雑誌の投稿欄を眺め、
インターネットで調べても、
彼らの名前に出会うことはない。
詩を書くことをやめてしまったのかもしれないし、
人知れず、傑作を書きためているのかもしれない。

我々みんなが
この世を去った後で、
だれの言葉が
人々の心に残っているだろうか。
そんなことを考えながら
昔の仲間たちを思い出す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR