2014年の2014を目指して(2)

2月28日(金)

 2月の28日間をずっと東京で過ごした。1月からの通算では東京で47日、横浜で12日を過ごしている。

 2月には新たに港区と新宿区に出かけた。これまでに出かけた市区町村は7か所になる。また東京メトロ丸の内線を新たに利用したので、利用した路線は3社7路線となった。東大前、白金台、新宿三丁目、新宿の4駅を利用したので、利用した駅の通算は12か所となった。

 投稿したブログは29件で、1月からの通算は60件となる。内訳は読書14(22)、日記5(11)、詩2(7)、映画5(8)、推理小説2(7)、外国語1(2)、未分類0(3)ということである。2月は230の拍手と拍手コメント1件を頂き、1月からの合計は467拍手、拍手コメント3ということである。

 10冊の本を買い、2冊の本を贈られた。買った本の通算は22冊である。2月は現在のところ9冊の本を読み、1月からの通算は19冊である。読んだ本を列挙すると:石原千秋『漱石と三人の読者』、白洲正子『ものを創る』、神野志隆光『古事記とはなにか 天皇の世界の物語』、ドラえもんルーム(編)『藤子・F・不二雄の発想術』、山田英雄『日本書紀の世界』、柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』、岡田温司『黙示録――イメージの源泉』、椎名誠『人はなぜ恋に破れて北へいくのか ナマコのからえばり』である。新たに渋谷の丸善・ジュンク堂と紀伊国屋新宿本店で本を買った。

 6本の映画を見て、1月からの通算は8本となった。見たのは『少女は自転車にのって』、『チェコの古代伝説』、『アメリカの影』、『若き日の啄木 雲は天才である』、『はじまりは5つ星ホテルから』、『エレニの帰郷』で、日本映画が1本、外国映画5本である。1月は日本映画しか見なかったが、2月は外国映画が多くなった。新たに岩波ホール、ユーロスペース、オーディトリウム渋谷、渋谷BUNKAMURAル・シネマ、新宿バルト9で映画を見た。オーディトリウム渋谷と新宿バルト9に出かけたのは初めての経験である。出かけた映画館の通算は7館ということになる。

 神保町すずらん通りの檜画廊で丸木位里・俊展を見た。これから少しずつでもこういう機会を増やしていきたい。

 ノートを7冊使い切った。1月から見ると10冊を使い切ったことになる。万年筆のカートリッジ(ウォーターマン)を6本使い切った。1月からの通算では11本である。同じくパイロットのカートリッジを1本使い切り、1月からの通算は2本である。

 フランス語の時間を20回、イタリア語の時間も20回聴いている。1月からの通算はそれぞれ39回である。2月は1度も欠かさずに聴くことができた。イタリア語の応用編「インタビューで学ぼう! イタリア語」のテノール歌手パオロ・ファナーレさんのインタビューが終わり、3月はまた新しいインタビューがはじまることになる。
 映画の中で、日本語のほか、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ロシア語に接している。他にも接している言語があったかもしれないが、聞き分けられなかったのである。そういえば、料理についてみると韓国、中国、インド=ネパール、イタリア料理を食べている。

 郵便を1通受け取り、1月からの通算では17通となった。

 酒を飲まなかった日が15日で、1月とあわせると30日になる。だんだん、酒を飲む場所が決まりだしているが、心地よく酔えるという経験があまりない。仮住まいへの適応という点では依然として猫に後れをとっている。まあ、これからに期待することにしよう。

 これまでの数字から推算したところで、年末に2014まで積み上げるのは難しそうだ(当ブログへの拍手は合計が2014を超えそうなので、数に含めないことにしている)。数字を稼げるような事柄を新たに見つけるか、今やっていることのうちのどれかのペースを上げるか、何か工夫を凝らす必要がありそうだである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR