ウィルキー・コリンズ『月長石』(25)

2月5日(水)晴れ

 1848年の6月にヨークシャーのヴェリンダー家の令嬢レイチェルの部屋から月長石と呼ばれる黄色いダイヤモンドが紛失してから1年がたとうとしている。この宝石はハーンカスル大佐がインドで不法な行為によって入手したものだという噂があったが、彼の遺言でレイチェルに贈られたのである。レイチェルの従兄で求婚者でもあるフランクリンはこの宝石の運び手であり、事件の後にはその解決の為にロンドンからカッフ部長刑事を呼び寄せるなど奔走したにもかかわらず、レイチェルの態度が急変したことに衝撃を受け、英国を去っていた。

 翌年の春、英国に戻ってきたフランクリンはレイチェルの自分に対する冷たい態度を解くためにも改めて事件の真相を解明しようとして、ヨークシャーを訪れる。そして邸の留守番をしている執事のベタレッジから、事件のあと自殺したロザンナ・スピアマンが友人であった漁師の娘ルーシーがロザンナからフランクリンにあてて書いた手紙を預かっていると聞く。

 ヴェリンダー邸に近いハザーストンの農園で一夜を過ごしたフランクリンは、翌朝早くベタレッジと落ち合うためにヴェリンダー邸に向かう。2人は事件の真相を突き止めたいという「探偵熱」にせきたてられて、海岸の漁村コブズホールに住む猟師のヨーランドのもとを訪れる。ヨーランドのおかみさんは2人を歓待しようとするが、足に障害を抱え粗野でやつれた感じがするルーシーは好奇心と恐れの混じった表情を浮かべてフランクリンを見つめる。

 ベタレッジからフランクリンの名を聞いたルーシーは、いきなり部屋を出て、海岸に急ぎ、斜面を下って子船の陰でフランクリンの表情を見つめ、嫌悪の言葉を口にする。ロザンナの親友であったルーシーは、ロザンナから彼女のフランクリンへの思いを聞き、フランクリンの為にロザンナが死んだと思っている。「ああ、ロザンナ、あんた、こんな男のどこがよかったのよ?」(中村訳、502ページ) さらに彼女はフランクリンに彼女がロザンナにしたことについて良心が痛まないのかとも詰問し、フランクリンが何も感じないと答えるとロザンナから預かった手紙を文字通り彼に投げつけて、足早に立ち去っていく。

 ロザンナが残した封筒のなかには手紙と紙片とが入っていた。手紙にはヴェリンダー家にフランクリンが滞在中に彼がロザンナに対して奇妙に感じたことの理由を知りたければ紙片の指示に従って自分が隠したあるものを手に入れてほしいと記されており、紙片には具体的な指示が書かれていた。

 フランクリンは紙片の指示に従って一人で海岸に赴き、海中を探して漆塗りの錫箱を引き上げる。箱のなかには白いものがいっぱいに押し込めてあり、それはリンネルの布であった。そしてその布のなかにはフランクリン宛の手紙が入っていた。彼はリンネルを海岸の乾いた砂の上に運び、それを広げてしわをのばした。それはナイトガウンであった。彼が裏側を返してみると、レイチェルの部屋のドアに塗られたペンキの汚点がついていた。

 汚点のついたナイトガウンが事件の鍵を握るというカッフ部長刑事の言葉を思い出した彼は、そのナイトガウンがだれのものか、ガウンに書かれえている名前を探す。そこにはフランクリン自身の名前が書かれていた! 「ペンキの汚点という動かぬ証拠によって、私は私自身が泥棒であることを発見したのである」(511ページ)。原文ではAnd, on the unanswerable evidence of the paint-stain, I had discovered Myself as the Thief.(Penguin Popular Classics, p.310)

 前回、この作品では「階級」が事件の解明と大きなかかわりを持っていると書いたが、フランクリンとルーシーの対面は物語のそこを流れている階級的な対立のもっともはっきりと表れている場面である。フランクリンは比較的分け隔てなく誰にでも親切にふるまう人間で、したがってヴェリンダー家の若い女性の使用人たちに人気があるが、人気が別のものに変わったときに、階級の壁が越えることのできない障壁となるはずである。フランクリンはルーシーと出会って「私という存在が、娘の心に、激しい憎悪と嫌悪の気持ちをかきたてたのだ。私はこれまでに、女性からこのような目で見られたことはない」(502ページ)という経験をする。

 ペンキの汚点のついたナイトガウンの発見で宝石の紛失とレイチェルの不可解な態度の両方の謎が解けたように思われる。しかし、まだ謎は残っている。ロザンナはフランクリンに何を書き遺したのだろうか。その内容については次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR