宇治拾遺物語(7)

12月5日(木)晴れ

 NHKカルチャーラジオ「文学の時間」『むかしがたりの楽しみ 宇治拾遺物語を繙く』第10回「化かされた聖たち」を聴く。第9回「いかさま上人」が人々を枉惑(おうわく、誑惑、狂惑と書いて「おうわく」と読む場合もあるそうである)する僧の話であったが、今回は僧の方がさまざまな化け物に化かされた説話が取り上げられた。

 第10回について紹介する前に、12月3日付の当ブログ「日記抄」で第9回の内容について触れた部分が、こちらの理解不足のために誤解を招きやすいものになったと思うので、多少補足しておきたい。第9回で中心的に取り上げられた説話は『宇治拾遺物語』の第133話「空入水した僧の事」であるが、ここである僧が桂川に身投げをして往生をしようとするが、噂を聞いて大勢の人たちを集まってくる。僧はなかなか入水しようとしないが、それでもやっと川の中に入る。川の中で苦しそうにしているので舟に乗って近くにいた人が引き上げると、この恩は極楽でお返ししますなどといってにげ出す。集まった人々は怒って石を投げつける。ブログでは「実行できない」と書いたが、はじめから実行するつもりがなかったと考えないと「枉惑」にはならない。

 さて、今回中心になるのは『宇治拾遺物語』104話「猟師、仏を射る事」である。愛宕山で長い間修行を積んでいる僧がいて、その僧を尊んである猟師が食べ物などをもってきている。あるとき、僧が猟師に向かって長年経を読んできた功徳が実ってきたのか、毎晩、普賢菩薩が象に乗って現れるという。有難いことなので、猟師も拝むようにという。猟師が僧に従っている童に訊ねると、童も5,6度見たというので自分も見ることができるだろうと思って、僧とともに寝ずにいる。

 すると夜半過ぎに、白象に乗った普賢菩薩が現れる。僧は感涙を浮かべて伏し拝んでいるが、猟師は経も読めないような自分でも菩薩の姿が見えるのはおかしいと思って、試しに菩薩に向けて矢を射る。すると、菩薩の胸のあたりに矢が当たったようで、光が消えて何かが逃げていく様子である。僧は泣いて混乱しているが、猟師は事情を説明し、本当の仏であれば、矢が刺さることはないはずで、当たったからにはあれは怪しいものだという。夜が明けて、血の跡をたどっていくと、大きなタヌキの死骸が見つかった。

 『今昔物語集』の同文的説話と照らし合わせると、「天狗・野猪」は前世で犯した罪のために、このような下等なものに生まれ変わったものと考えられており、そのため彼らは情けない習性として、人を誑かさずにはいられず、結果としてあっけなく命を落としてしまうということだという。

 天狗やその乗り物と考えられていた鳶、あるいは狐狸は人々の前に幻覚を生じさせるのが得意である。これらの欺かれるのは知恵のなさが原因であると説話集は説いている。『今昔物語集』20巻12話は天狗に極楽往生させると欺かれて木の上に置き去りに去られた僧の説話を「かくの如きの魔縁と三宝の境界とは更に似ざりける事を、智(さと)り無きが故に知らずして、謀(たばか)らるるなりとなむ語り伝へたるとや」と結んでいるが、本当の来迎と偽物の来迎をそう簡単に見分けられるものではない(と、凡夫であるわたしも思う)。

 ところで、当時の人々の考えでは天狗は驕慢心、執着心の強い人々の生まれ変わりであり、名僧といわれていたような人でも天狗道に落ちる例が多いとされていた。ということは、天狗や狐狸に騙された人も、内心の自負心を見透かされていたからだとわかる(現代の詐欺とも通じる話である)。彼らに知恵や広い経験があれば、頑張っている人はもっと他にもたくさんいる、こういう奇跡はめったに起こらないのだと判断もできただろうが、狭い世界にこもって修行に励んでいたことが悲劇を生む結果になったのであるという。

 宗教には理屈を離れた無垢な信仰心も大切であるが、ただの習慣と化してしまう信仰のあり方、知識を軽んじる傾向の危うさも中世の人々(少なくとも一部の自覚的な人々)には気づかれていた。北条重時(泰時の弟)は、武士であっても、経についての講義を聴くような心がけがないと、知恵のない、見識の狭い人間になってしまうといい、明恵上人は仏法においても、文学を嗜む時のような心の使い方が重要だと言ったという。

 仏教者にとって、ひたすらな信心だけでなく「知恵」が必要なのだということが当時重大な問題であったことをこれらの説話は物語っているというのが講師である伊東玉美さんの結論である。実際に、戦乱の世であり、天災地変も少なくなかった中世は信仰心が強くなる時代であったかもしれないが、それだけに頼って生きるのは危険だったと思われる。それは僧侶だけでなく、普通の人々にとっても同じことだったのではないだろうか。危機の時代にこそ、バランスの取れた精神が必要だというのは、現代においても意味をもつ考えではないかと考えさせられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR