FC2ブログ

ルーカーヌス『内乱――パルサリア――(下)』(3)

5月16日(土)雨

 紀元1世紀、ローマ皇帝ネロに気に入られて厚遇を受けるが、やがて生じた確執のために執筆活動を禁じられ、皇帝暗殺を企てたピーソの陰謀(65)に加わったことにより、自殺を命じられたルーカーヌス(39‐65)の現存する唯一の作品であるこの叙事詩:『内乱』は紀元前1世紀、ローマが共和政から帝政へと移り変わる大きな節目となった、ポンペイウスとカエサルの間の戦い<内乱>を題材とするものである。この内乱は紀元前49年にカエサルがガリアからイタリアに侵攻して始まり、紀元前46年のアフリカでの小カトーの死をもって終わるが、叙事詩『内乱』は作者の死によりそこまでを語ることなく、紀元前48年にエジプトでポンペイウスが暗殺されるまでで終わっている。
 カエサル軍の侵攻に対抗できずにイタリアを追われたポンペイウスは、ギリシア西部のエペイロスに渡り、そこで東方の諸勢力から援軍を募り、カエサルに対する反撃を試みようとする。紀元前48年にカエサルもエペイロスに渡り、遅れて到着したアントニウスと合流、要衝デュラッキウムに本拠を置くポンペイウス軍を包囲する。しかし、ポンペイウスはその包囲を突破、さらに攻撃してきたカエサル軍を破る。カエサル軍はテッサリアに移動、ポンペイウスもまたカエサル軍を追ってテッサリアへと進軍する。テッサリア(パルサリア)での決戦が近づいてきた。

 運命に呪われたこの地に二人の将が陣を構えた時、来たるべき
戦を予見する心は、誰しもを動揺させた。雌雄を決する存亡の
秋(とき)が近づき、定めがすでに間近に迫るのは明らかであった。
惰弱な心の持主は怯え、巡らす思いはますます暗くなっていった。
予め心を強く持ち、定かならぬ成り行きに、恐れともども
希望をも抱いたものはわずか。
(第6巻、405‐410行、44ページ) 決戦の行方に不安を抱き、恐れていた大多数の人々の中に、ポンペイウスの次男であるセクストゥスがいた。ルーカーヌスは、彼が不肖の息子であり、この後、海賊にまで身を落としたことを附け加えている。

 セクストゥスは恐怖のあまり、戦の帰趨をあらかじめ知ろうと、未来の予言に頼ろうとした。彼が予言を聞こうとしたのは「デロスの鼎」(第6巻、417行、45ページ:アポロンの生地とされるデロス島のアポロンの神託所を指す)、「ピュトの洞」(同上:デルポイのアポロンの神託所、第5巻でポンペイウス派のアッピウスがここで神託を聞こうとしている)、「樫の実みのるドドネなるユピテルの銅釜が/響かせる音」(第6巻、418‐419行、45ページ:エペイロスにあるゼウス=ユピテルの神託所)、「内臓で定めを占える者」(第6巻、419行、45ページ:第1巻でエトルリア人の占い師アッルンスがこの占いをしている)、「鳥の兆しを解き明かせる者」(第6巻、420行、45ページ:ホメロスの『イーリアス』にこの例がある)、「アッシュリアの(天文の)知識で星の動きを究める者」(第6巻、421行、45ページ)でもなかった。〔ここに列挙されているのは、神々による予言を知る手だてであり、セクストゥスがもっと邪なやり方によって未来を知ろうとしたことが示されている。〕

彼には、天上の神々に忌み嫌われる、残酷な魔術師の秘術と、
死の儀式で陰鬱な祭壇の知識があり、霊たちと冥府の王
ディスの真実を、また、天上の神々の無知を、哀れにも、固く
信じていたのだ。空しく凶悪なその狂熱を、陣営に間近い、
ハイモニアの魔女らの住む集落と土地そのものが助長した。
(第6巻、423‐427行、45ページ) ディスはギリシア神話のプルートーにあたる、ローマ神話の冥府の主神である。セクストゥスは天上の神託ではなく、地下の死者の世界の声を聞いて、未来を知ろうとし、その術を知っている魔女たちに頼ろうとした。テッサリアの地にはそのような魔女たちが住んでいたのである。ハイモニアと呼ばれるこの土地で、魔女たちは毒草や魔草を育てていた。コルキスの王女で魔女でもあり、イアーソンとともにギリシアにやってきたメデイアがこの土地で草を集めたともいわれる。この魔女たちの威力は大変なもので、気象を意のままに操り、天体の運行さえも左右したという〔いくらなんでも大げさすぎる〕。

 エリクトという名の魔女は、このような魔術に飽き足らず、さらに禍々しい世界に踏み込もうとして、「亡霊たちを追い払って墓地を占拠し、人気ない墓場を/住処としていた」(第6巻、501‐502行、50ページ)。天上の神々でさえ、その魔術を恐れ、彼女の非道な行為を容認していた。彼女は人々の生死を支配し、死者の体の一部を集め、冥界と連絡を取りながら、秘儀を行っていた。

 土地の人々の噂で彼女のことを知ったセクストゥスは夜の闇に紛れ、わずかな従者たちとともに、エリクトの住処を探した。エリクトは、ポンペイウスとカエサルの戦いによって、新たに多くの死者が出ることを予見して、将来の計画に耽っていた。
 エリクトを見つけたセクストゥスは、自分がポンペイウスの息子であることを告げ、来るべき戦いで、だれが死すべき運命にあるのか、死の神に打ち明けさせてほしいと頼む。
 自分の名が噂となって広がっているのを喜んだエリクトは、セクストゥスの申し出を承諾する。魔女たちには人間の生死を動かすことはできるが、人類の大事をめぐっては運命(フォルトゥナ)にその力は及ばない。「だが、禍を予め知ることで/満足というのであれば、真実に近づく数多の容易な道が/開かれていよう」(第6巻、601‐603行、57ページ)という。そして、戦場に転がっている死体の1つを選んで蘇らせ、今後のことを予言させようという。

 おそらくどちらも歴史的な事実ではなく、ルーカーヌスの創作であろうが、第5巻に登場したアッピウスがデルポイの予言に頼ったのに対し、こちらは魔女の魔術に頼っている(『旧約』に出て来るヘブライ人たちの王サウル、あるいは『マクベス』を思い出すかもしれない)。臆病というだけではなく、邪悪なものの力を信じているというように、その人間性が描き出されている。それにしても、どうも気味の悪い話であるが、セクストゥスはどのような予言を聞くことになるのであろうか。それはまた次回に。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR