FC2ブログ

日記抄(12月28日~31日)

12月31日(火)晴れ、風が強い。三ツ沢グランドの陸橋付近から富士山が見えた。一年を白き富士の嶺しめくくり

 12月28日から本日までのあいだに経験したこと、考えたこと、その他これまでの記事の補遺・訂正等:

12月23日
 NHKラジオ『まいにちロシア語』の時間でレールモントフ(1814‐41)の詩を取り上げていた。

 帆
 孤帆が白く見えている
 淡青色の海霧の中に!・・・
 遠い国になにをさがそうというのか?
 故国にはなにを捨ててきたのか?(以下略)

 旧ソ連の作家カターエフ(1897‐1986)の児童文学作品『黒海の波』はオデッサに住む少年少女が第一次ロシア革命の際に反乱を起こしたポチョムキン号の兵士をかくまうことから物語が始まるが、この詩が引用されていた記憶がある。

 NHKラジオ『世界へ発信 ニュースで英語術』で、ジンベエザメの口の中に生息するヨコエビの一種が発見されたというニュースを放送していた。ジンベエザメのことを英語ではwhale sharkというそうだが、ジンベエザメという名の方がのんきでいいと思う。

12月28日
 『朝日』の朝刊の「オピニオン&フォーラム」に佐伯啓思さんがこれまでも書いてきた「異論のススメ」の特別版として、「社会が失う国語力」という論説を書いている。伝統的な文学中心の国語教育こそ論理的な思考を養うのに適切なものだという議論にはおおむね賛成であるが、ここで文学とは何かとか、論理的な思考、あるいは論理とは何かということも考えておく必要があるだろう。特に論理には演繹的な論理と帰納的な論理とがあり、演繹的な論理はむしろ数学を中心として教育されるべきであり、帰納的な論理は、国語だけでなく社会科学系、自然科学系のおそらくはあらゆる教科(数学を含めて)を通じて教育されるべきであろう。論理国語という科目を特設することで、日本の若者に論理的な思考が身に付くなどと考えること自体が、非論理(この場合は帰納的な論理)的である。
 もう一つ付け加えておくと、佐伯さんは社会のデジタル化にはあまり賛成してはいないようであるが、デジタル社会における「読解力」に欠かせないのが批判的な思考であって、「異論のススメ」を書いている佐伯さんは、知らず知らずのうちに、デジタル社会において有効な思考力の育成に手を貸しているといえる。これはめでたいことである。

12月29日
 『朝日』朝刊の「俳壇時評」の青木亮人さんによる「志と詩のあいだ」という文章が面白かった。前衛俳句の雄であった赤尾兜子をしたう木割大雄が出版しつづけている個人誌『カパトまんだら通信』、金子光晴の詩の研究家である原満三寿(まさじ)が出版した句集「風の図譜』のことなど、ある作家にこだわり続けながら文学活動を続けることの意義を教えられる。あらためて、金子光晴の詩業をたどり直してみようと思った。
 夏座敷弟子は不肖の影を曳き (大雄)

12月30日
 渡辺淳子『星空病院 キッチン 花』(ハルキ文庫)を読む。民間の大病院である星空病院の名誉院長は、手術と料理が得意で、病院の一角に「キッチン 花」を構えている。その料理は患者の病気の治療だけでなく、患者と患者を取り巻く人々の悩みや問題を解決するのに役立っている。自分が入院した時のこと、家族が入院した時のことなど思いだしながら読むと、いろいろと思い当たることがあって心温まる一方で、考えさせられもする短編集である。

12月31日
 ニッパツ三ツ沢球技場で、第98回全国高校サッカー選手権の1回戦2試合明秀日立高校(茨城県)対高知高校(高知県)、秋田商業高校(秋田県)対神戸弘陵学園高校(兵庫県)の2試合を観戦した。第1試合は前半に先制した明秀日立がその後も押し気味に試合を進め、追加点は上げられなかったが、1‐0で勝利した。第2試合は、強風の中、退場者が出たりして波乱含みの展開で、前半に神戸が1点を先制したものの、秋田が2点を挙げて逆転、後半に今度は神戸が2点を挙げて再逆転して勝利した。

 年末ジャンボ宝くじは、ハロウィン・ジャンボに引き続き、3,000円が1枚あたっていた。もう少し上が当たらないかなぁと思ったのだが、駄目だった。

 サッカー観戦に時間をとられたのと、この後、元日を迎えるために東京に出かけるために、皆様のブログを訪問する時間的な余裕がありませんが、あしからずご了承ください。今年1年、いろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

゚・:*:・。♪(≧ω≦)★A Happy New Year★(≧ω≦)♪。・:*:・゚

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いします

Re: No title

年始のご挨拶を有難うございました。
こちらこそ、旧年中はお世話になりました(良い頭の運動をさせていただきました)!
本年もよろしくお願いします!
プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR