FC2ブログ

スペイン語とその周辺

12月20日(水)曇りのち晴れ

 NHKラジオ『まいにちスペイン語』入門編は、高垣敏博さんを講師とする「人生は旅! ¡ Vivir es viajar!」を放送している。これは2016年4~9月に放送されたものの再放送だそうであるが、旅行用のスペイン語会話に特化した内容で、わかりやすく、おもしろい。その代わり、スペイン語を本格的に勉強して、読み・書き・聞き取り・話せるようにしたいと思っている人には物足りないかもしれない。とはいえ、現地を旅行して、ちょっとした会話を楽しむためにも、基本的な文型の反復練習や、単語の暗記が必要だということを忘れているわけではないから、油断はできない。

 この番組のもう一つの特徴は、旅行用ということに関連して、スペイン語の多様性に目を向け、それを強調していることである。まず、スペインと、ラテンアメリカのスペイン語の違い、それからラテン・アメリカ各地でのスペイン語の違いが説明されているし、それどころか、スペインの中でのカタルーニャ語(catalán)、ガリシア語(gallego)、バスク語(vasco, バスク語ではeuskera) というスペイン(カスティーリャ)語と異なる言語の存在、あるいはラテンアメリカにおけるナワトル語(náhuatl)、マヤ語(maya)、アイマラ語(aimara)、ケチュア語(quechua)、グアラニー語(guaraní)などの先住民の言語の存在についても触れているのも注目される。パートナーとして出演されているソニア・デル・カンポさんがスペインのレオン出身で、ガリシア地方の中心地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の卒業、もう一人のパートナーのパコ・パルティーダさんがメキシコの出身ということで、スペイン語の多様性についての配慮がこの点にも感じられる。

 特に12月18日~20日放送分は¿Habla usted ...?(あなたは~語を話しますか?)というフレーズの練習を中心とした内容であったが、20日には野菜と果物を表す語彙の中から、スペインとラテンアメリカで違う言い方をするものを取り上げた。
 ジャガイモはスペインではpatata、ラテンアメリカではpapaという。〔各言語でジャガイモとその他のイモ類を何というかについては、また機会を改めて探ってみることにする。〕 トマトはスペインではtomateというが、メキシコではjitomate(赤いトマト)とtomate(緑色のトマト)を区別する。アボガドはスペインではaguacate、ラテンアメリカでもaguacateということが多いが、アルゼンチン、チリ、ペルー、ウルグアイなどではpaltaという。トウガラシはスペインではguindilla、メキシコではchile、ラテンアメリカではajíという地域も多いとのことである。グレープフルーツはスペインではpomeloというが、メキシコやベネズエラではtoronjaというそうである。
 それで、グレープフルーツジュースを1つくださいというのをスペインでは
Un zumo de pomelo, por favor.
メキシコでは
Un jugo de toronja, por favor.
という(ジュースについても違う言い方をするのである。)

 さらに、スペイン国内におけるスペイン語以外の言語をめぐり、空港の表記の実例の写真などを添えて、「出口」をスペイン語ではsalidaというが、カタルーニャ語ではsortidaという、広場をスペイン語ではplazaというが、ガリシア語ではprazaというなどの実例が紹介された。カタルーニャ語はスペイン語型の言語ではなく、南フランスの話語(ラングドック)と言語的類縁性があると言われるが、スペイン語、ガリシア語とともにロマンス諸語の中に含まれることは間違いがない。これに対して、バスク語は、そもそもインド=ヨーロッパ語族に属さない謎の言語である。「ありがとう」をスペイン語ではGraciasというが、バスク語ではEskerrik asko. こんにちは(Hola)をKaixo、「さようなら」(Adiós)をAgurという。
 番組ではラテンアメリカの先住民の言語の詳細には触れなかったが、深入りすると大変なことになりそうである。

 バスクで忘れてはならないのは、日本に初めてキリスト教を宣教したフランシスコ・ザビエルがバスク人だったということである。彼が臨終の際に何か言ったのだが、近くにいた人がそれを理解できなかったという話があり、つまりバスク語で話したので、意味が解らなかったのだろうと解釈されている。ユリウス・カエサルが暗殺されるときに、ギリシア語でKai su, teknon? (わが子よ、おまえもか)といったとローマの歴史家であるスエトニウスが書いているそうだが、いまわの際に外国語を話したカエサルよりも、母語を話したザビエルの方が人間らしいと私は思う。

 今夜は、研究会に出かけるので、訪問できないブログが多くなりそうです。悪しからず、ご了承ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR