FC2ブログ

ダンテ・アリギエリ『神曲 天国篇』(33-1)

12月6日(水)晴れ

 1300年4月7日の夜、「人生のなかば」(35歳)にあったダンテは「暗い森をさまよっている」自分に気づく。夜明けで明るくなってきた方向に歩こうとしていると、豹、獅子、狼に行く手を遮られる。そこにローマ黄金時代の大詩人ウェルギリウスの霊が現われて彼を助ける。そして、ウェルギリウスの霊に導かれて、ダンテは地獄と煉獄とを旅する。
 煉獄の高い山の頂上にある地上楽園でダンテはウェルギリウスと別れ、かつて彼がその想いを『新生』の中で謳いあげたっベアトリーチェの魂に出会う。彼女に導かれて、ダンテは天上の世界へと旅立つ。4月13日の正午のことである。
 地球を取り囲んで回転している天上の世界は、月天、水星天、金星天、太陽天、火星天、木星天、土星天、恒星天からなり、それらの運動を非物質的な世界の入口である原動天の天使たちが司り、さらに神のいる至高天が広がる。至高天は非物質的で時間も空間も超越した世界である。
 月天から土星天までの世界で、至高天から彼を迎えるためにやってきた祝福された魂たちと彼は信仰と教会について、政治とローマ帝国について、会話を続ける。魂たちの多くは歴史上の有名人であり、このことからダンテは、自分が地上に戻った際に、異界での見聞を詳しく報告することが旅の目的であることを自覚する。そして、信仰、希望、愛の3つの対神徳についての試問に合格して、そのような報告者として自分がふさわしいことを証明する。
 至高天に達したダンテは、さらに自分を高め、より神聖なものを自分の眼で見ることができるようになる。それを見届けて、ベアトリーチェは至高天の自分の元の位置に戻り、最後の案内人として、神秘主義的な神学者のベルナールが現われる。そして、ダンテを神と人間たちの仲立ちをする存在である聖母マリアの元に導き、マリアをたたえる歌を歌いはじめる。

「処女であり母、あなたの息子の娘、
あらゆる被造物より身を卑しくし、かつ崇高、
永遠の御心の定まれる的、

あなたこそは人類を
この上なく高貴にされた方、それゆえに創造主は
自らを人の被造物とされることを厭わなかった。
(492ページ) マリアは、処女懐胎をして、母として息子キリストを生んだ。キリストは神であるが、マリアは、その神の造った人類の子孫、つまり娘であった。彼女は、身を低くし僕として神に仕えたが、神の母として被造物の中で最も崇高な存在でもあった。そして彼女の存在は、創世から最後の審判に至る永遠の神の計画の中に必然として定められていたという。

あなたの胎内で再び愛が燃え上がったのだ、
その暖かさにより、永遠の平和のうちに
この花はこのように双葉を開いた。
(同上) アダムの原罪のうちに消えていた神の愛が再び燃え上がった。「この花」は、至高天に集まった至福者たちの作り出している白薔薇である。

 そしてベルナールはダンテを紹介して、彼にいっそうの力を与えるように願う。
今、この者、宇宙の奈落の底から
ここまで、霊を備える魂を
一人一人見ながら至り、

恩寵にかけてあなたに願う、究極の至福に向かって
さらなる高みへと目を開きながら昇っていけるほどの
大いなる力が与えられんことを。
(494ページ) そして、ダンテがマリアの保護により、神を見た後も高慢の衝動を抑えて、健全な心で過ごすように至高天の魂が祈っていることを言い添える。

 ベルナールの祈りを聞いて喜んだマリアは、ベルナールとダンテに視線を向けて歓びの気持ちを伝えた後、神の方をまっすぐに見た。
そして私はあらゆる希望が目指す目標へと
近づきつつあり、私がなすべきように、
希望の炎を我がうちで極限までに燃え上がらせた。

ベルナールは私に微笑みながら目配せをして
私が上を見つめるよう誘った。しかし私は
彼が望んだようにすでに自らそうしていた。
(496ページ) ベルナールに指示されなくても、ダンテが自発的に上の方をみようとしたのは、それだけの力が彼の中にみなぎってきていることを感じたからである。

というのも我が視力はさらに澄んでいき、
ただそれ自体で真理として在る高き光に発する光線に沿って
さらにさらに入り込んでいったからだ。
(496-497ページ)

これ以降、我が視力は私が語って表すところを
超越した。言葉には私の見たそのような光景を表す力はなく、
記憶にもこれほどの途方もない壮挙を覚える力はない。
(497ページ) 地上に戻ってからでは、自分の言葉で表現できないだけでなく、記憶力さえも超越した経験をしたという。

 そうはいっても、ダンテは言葉の限りを通して、また残っている記憶のありったけのものを動員して、この経験を語ることで、叙事詩を終えようとする。そうする力を与えられるよう、神に祈る。
おお、至高の光、必滅の者達の理解から、
隔絶して昇る方よ、我が知性に
あなたの顕わした姿の幾許(いくばく)かを与えたまえ。

そして我が言葉の技にあふれる力を授け、
あなたの栄光から発する閃光の一筋だけでも
未来の人々に残すことをお許しあれ。

なぜなら、それが少しでも我が記憶に戻ってくれば、
そしてこの詩がいくらかでもそれを声に出せれば、
あなたの勝利についてひとびとはさらに理解を深めるであろうがゆえ。
(498-499ページ) ダンテが思い出し、表現できるものは神の栄光のごく一部の、わずかなものであっても、ひとびとに希望を与えることができるはずだという。そして、ダンテは自分の経験を語ろうとする。

 『天国篇』第33歌は、全部で100歌からなるこの叙事詩の最後の詩行である。神に近づいたダンテは、この後どのような経験をするのか、そして叙事詩はどのような形で終わるのか、それはまた次回。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR