ダンテ・アリギエリ『神曲 天国篇』(24-1)

7月20日(木)晴れ、暑し

 ベアトリーチェに導かれて地上から天上の世界へと旅立ったダンテは、月天、水星天、金星天、太陽天、火星天、木星天、土星天を訪れ、土星天から至高天まで伸びている階段を登って恒星天に達する。恒星天は人間の目の届く限界であるとともに、人間的な世界と神の世界の境界となっている。恒星天で彼はキリストとマリアの天国への凱旋の様子を見た。

 第24歌の冒頭で、ベアトリーチェが、天国の住人たちは神の「子羊」イエス・キリストのあたえる精神の糧により満ち足りていると述べ、彼らと同じ精神の糧の一部だけでも味わわせてほしいと魂たちに頼む。
「・・・
この者の果てしない望みに注意を傾けて
雫を与え、飢えを癒したまえ。あなた方は
この者が思考し、知ろうとしているものが出る泉で喉を潤しているのですから」。
(358ページ) 「思考し、知ろうとしているもの」は「神智」のことである。

 魂たちは輝きながら、輪を作って
・・・それぞれ
異なって速く遅く踊り、
彼らの富を私に推し量らせた。
(359ページ) 「彼らの富」は神の「恩寵の豊かさ」のことである。そのような輪舞の中から、「その明るさを越えるものはそこには一つもない」(360ページ)魂が出てきて、ベアトリーチェの周囲を3度回った。それは十二使徒の1人であり、初代教皇であったペテロの
魂であった。ペテロの魂が神学の象徴であるベアトリーチェの周りを3度回ったことは、教会が神学に対して払うべき敬意を象徴していると考える人もいるそうである。

 ベアトリーチェは、ペテロの魂に向かって次のように語りかける:
・・・「おお、偉大なる傑物の永遠の光よ、
この奇蹟の喜びに至るための二つの鍵を
我らの主が地上にお運びになり委ねられた方よ、

あなたの心のままに、信仰についての
易問であれ難問であれ、この者に試問されよ。
あなたは信仰のために海の上を歩いたのですから。
・・・」
(361ページ) ダンテが天国にふさわしい人間かどうかはペテロの目には明らかなはずである。しかし、それでもダンテに「信仰について話をする機会」(362ページ)を与えてほしいという。ベアトリーチェがペテロに話しかけている間に、ダンテは
バカラリスが
結論を出すためではなく、弁証するために
師が論題を提示するまで頭の中で備え、話さずにいるように、
(362ページ) ダンテは試問に対して答える準備をしていた。バカラリスは中世の大学における教養諸学の教授資格であるマギステル学位を取得しようとする候補者のことである。彼らには論証を上手に表現する能力が求められた。当時すでにボローニャをはじめとしてイタリア各地に大学が設置されており、ダンテ自身は大学で勉強したわけではないが、大学での勉学については十分な知識をもっていたと思われる。

 「信仰とは何か」(363ページ)というペテロの問いに対して、ダンテは
「・・・
信仰とは希望される事柄の礎にして
目に見えぬことに対する証です。
そしてこれこそが私にはその本質に思えます」。
(364ページ)と答える。ペテロはこの回答を受け入れる。ダンテの答えは『新約聖書』の聖パオロによる「ヘブライ人への手紙」(11.1)そのままでああったのだが、さらに、そのように定義した理由についてペテロは問いかける。

 これに対してダンテは、地上からの視線は神に届かないので、知性によって神を直接認識することは不可能であり、そのため侵攻により神の存在が知られ、その礎の上に人類は天国を望むからというものであった。
・・・「ここにおいて
ありがたくも私に姿を現したまう深遠なる諸事物は、
下界にある目には隠されているため、
その存在は、そこではただ信じることの中にあり、
その上に崇高な希望が打ち立てられるのみです。
ゆえに信仰は礎の意味を持ちます。

この信じることから、私達はさらなる確証を見ることなしに、
論理的に演繹しなければなりません。
ゆえに信仰は証の意味を負います」。
(364-365ページ) そして堅い信仰をもち、神の記した聖書がその信仰をもたらしたと述べた。

 恒星天まで達したダンテは、さらに先へ進むために3つの対神徳(信仰、希望、愛)についての試問を受けることになる。今回はまず信仰についての試問であるが、その根拠が人知を超えたものであるというのがダンテの考えであった。それでもなお、神を信じようとするのはなぜか、そこには一種の飛躍があり、その飛躍こそ、多くの思想家たちが格闘した問題であった。飛躍を可能にするのは、『新約聖書』にまとめられたイエスの言葉、(聖霊の宿った)使徒たちの言葉を神の言葉として信じることである。ダンテはキリスト教の根幹にかかわる問題と取り組んでいる。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR