サカナの名前

7月17日(月)晴れたり曇ったり

 長年外国語の勉強を続けていると、教科書に出てこないようなことを知るようになる。サカナの名前とか、野菜の名前とかいうのを多く知っている、あるいは知らなくても興味をもつのは、そうした一種の年の功である。

 カツオのことを英語でbonitoというが、これはもともとスペイン語で、「きれいな」とか「かわいい」とかいう意味である。カツオがbonitoだという文化がスペイン語圏のどのあたりで発生し、それが英語圏にどのように伝わったのかは興味のある問題である。高橋美沙『フランス語で手帳をつけてみる』によると、フランス語ではカツオはboniteという。張あさ子『イタリア語で手帳をつけてみる』には、カツオのことをイタリア語でなんというかは出ていない。

 マグロのことは英語でtunaというのは、ご存知の方も多いと思う。日本では「ツナ」と発音することが多いが、英語の発音は「トゥナ」もしくは「テュナ」である。フランス語ではthon。イタリア語ではtonnoという。

 サカナの名前を気にしはじめたのは、英国で暮らしている時に、サカナの缶詰を買って食べることが多かったからである。B&Bで夜、ビスケットとパック入りの野菜サラダ、サカナの缶詰といったものを並べて、サイダー(リンゴからつくった発泡酒)を飲む。そんなことをして夜を過ごすことが多かった。もちろん、魚料理を出す店で食事をしたこともある。あまりえたいの知れない魚を食べたくないので、サカナの名前を覚えるようになった。それで、もともと知っていたsalmon(サケ)や、sardine (イワシ)に加えて、trout (マス)だとか、cod (タラ)だとか、herring (ニシン)といった語を覚えるようになった。フランス語ではサケはsaumon, イワシはsardine, タラはmorue, ニシンはharengである。ついでにイタリア語ではサケはsalmone,マスはtrota, イワシはsardina, タラはmerluzzo, ニシンはaringaである。

 なぜか、なかなか覚えなかったのはbream (タイ)である。これは手元にあるロングマンの英和辞書で調べると、ブリームというコイ科の淡水魚についてもこういうし、タイについてもこういうとのことで、欧米ではあまりタイを食べないからかもしれない。それで『ジーニアス和英辞典』に「エビでタイを釣る」に相当する語句として、a sprat to catch a mackerel というのが紹介されていたのが面白いと思った。日本語に訳すと「サバを捕まえるためのスプラットイワシ」ということで、スプラットイワシというのはニシンの一種らしい。mackerel (サバ)は日本ではきわめて大衆的なサカナで、食膳に上がることはきわめて多いし、中学・高校時代を過ごした学校が海の近くにあったので、サバが群れをなして泳いでいる様子はよく目にしたものである。だから、「エビでタイを釣る」という言い方と"a sprat to catch a mackerel"はまったく同じ意味で対応しているわけではないと考えてよさそうである。フランス語でタイはdorade、サバはmarquereauという。イタリア語でタイを何というのかは未詳であるが、サバはsgombroという。

 flatfish はカレイについても、ヒラメについてもいうようである。フランス語ではヒラメはsoleで、これは英語でもシタビラメの意味で使われるらしい。カレイについてはlimandeと区別している。イタリア語ではヒラメはrombo, カレイはpassera di mareとやはり区別している。flying fishはトビウオでこれもわかりやすい。yellowtailがブリ、conger (eel)がアナゴというのは想像できない。アジがhorese mackerelというのはあまり食べられないからではないだろうか。ブリはフランス語ではsériole、アナゴはcongre、アジはchinchardである。イタリア語でアジのことはsauroとかsorelloとか言っているようである。
 非常に変わったところで、coelacanth (シーラカンス)がある。coeをsi: と読むのはほかにあまり例がないのではないか。最後のthはもちろん、θの音になる。フランス語ではçœlacantheと綴り、「セーラカント」というような発音になるらしい。私の手元にあるイタリア語の辞書には、対応する名詞は記載されていなかった。

 大体同じような単語を使っているのかと思うと、まったく違っている場合があって、調べてみるとなかなか面白い。それぞれのサカナが食生活の中で占めている位置がこうした名前を通じて推測できるところがある。スペイン語やポルトガル語、あるいはルーマニア語について調べてみると、また別の興味が広がってくるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR