ダンテ・アリギエリ『神曲 天国篇』(19-2)

5月18日(木)曇り、一時雷が鳴って雨が降り出したが、午後になると晴れ間が出てきたりして、変わりやすい天気であった。

 ベアトリーチェに導かれて、ダンテは地上から天空の世界へと旅立ち、月天、水星天、金星天、太陽天、火星天を経て、木星天に到着する。木星で2人を迎えた魂たちは、Diligite Iustitiam qui iudicati terram(正義を愛せ、地を統べる者達よ」という文字を綴った。その文字は次にMの字のままでしばらくとどまり、さらに鷲の形に変化した。太陽の光を受けて輝く宝石のような無数の星が集まってできている鷲の姿は、一人称複数ではなく、一人称単数で話した。
 翻訳者である原基晶さんの解説によると、太陽は神を象徴するので、これらの魂は神の恵みの光を直接見て、それを言葉にしてダンテに伝えていることが暗示されている。またさまざまな時代の様々な統治を担った魂たちが一人称単数で話すことは、結局、正義を実現するための統治は神の名のもとに一つであるというダンテの思想を示しているという。
 その神を見ている鷲に、ダンテは自分の疑問を解いてくれるよう頼んだ。それに対して、わしはすぐに回答せず、創造主と被造物との関係から、神と地上の事物や人間の能力との関係について語る。神は無限であるが被造物は有限であり、被造物の有限で不完全な理解力では、神意「永遠の正義」の完全な理解に達することはないという。

 その後、魂たちはダンテがこれまでの来世の旅を通して抱くようになった疑問に対する回答を語る。ダンテの疑問とは、キリスト教が普及していない時代や場帆に生まれた人物が、「善良で」罪を犯すkとなく生き、生まれた時代も場所も自分が選んだわけではないのに「洗礼を受けずに信仰なしに」死んだ場合、これを罰することが正義なのか、地獄に堕ちるとするならその罪は何なのかというものであった。魂たちは言う:
では、千里も離れた場所から
手のひらの幅ほどのわずかな視界で裁きをつけようと、
裁き手の座に座りたがるおまえとは、いったい何者だ。
(289ページ) 狭い限られた人生の経験で「千里も離れた場所」にある神意をすべて理解できるわけがない。とはいうもののその有限な理解力にふさわしく語られている聖書の導きに従って生きるべきである。
第一の意志はおのずから善であり、
至高善であるがゆえに、自らを離れたことはない。

その意志に調和する事物だけが正しい。
造られた善がその意志を引き寄せることは一切なく、
その意志こそが、光を放つことで作られた善の源となっている。
(290ページ) 「至高善」である神の「意志に調和する事物だけが正しい」というのである。さらに「永遠の審判は必滅のおまえたちには理解できぬ。」(291ページ)と神の意志の不可知性が繰り返される。

 鷲の形を保ったまま、魂たちは語った。
・・・「この王国に
キリストを信じなかったものが昇ってきたことはない。
その方が十字架へと磔にされる前であれ後であれ。
(292ページ)   しかし、キリスト教を信じていると言いながら、神の意志に反して地上の統治をおこなっている人々が少なくない。
その者どもは、裁きの時になると、キリストを知らない者より
その方からはるか遠く離れたところにいるであろう。

そしてかようなキリスト教信者どもをエチオピア人は非難することになる、
永遠に富み栄える人々と、貧窮する者ども、
二つの集いに分れる時に。
(292ページ) ここで「エチオピア人」というが、エチオピアは北アフリカを指し、エチオピア人は異教徒を代表してこのように表現しているという。実際にはエチオピアは独自のキリスト教を信じる人々が多い国なので、ダンテは(時代の制約とは言いながら)ここで無知をさらけ出していることになる。とにかくダンテは、彼の同時代の、神の意志に背き、キリストの名を権力の道具にした王たちを列挙して、糾弾している(中には、的外れの非難を受けた王様もいたようである)。こうして第19歌は終わるが、鷲の言葉はさらに続く。

キリスト教を信じるか信じないか(あるいはその中でどの宗派に属するか)の方が、善か悪かよりも重大な問題なのかというのは(カトリックの学校に通っていたので、当時は公教要理といった)キリスト教の教義にかかわる課外活動でいろいろと議論された問題である。聞くところでは、最近は自然法に従って悪いことをしなければ天国に行けるという考えが支配的になっているという。つまり善悪の問題の方がキリスト教を信じるか信じないかよりも重大だということになってきているそうである。しかし、そうなると、キリスト教を信じなくてもよいということになるのではないか。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR