ダンテ・アリギエリ『神曲 天国篇』(15-2)

3月22日(水)晴れ

 ベアトリーチェに導かれて天上の世界へと飛び立ったダンテは、月天、水星天、金星天、太陽天を経て火星天に達する。それぞれの天空でダンテは、彼を迎えにやってきた霊たちと対話を重ねる。火星で彼の前に現れたのは、彼の先祖の霊である。

 ベアトリーチェの同意を得て、ダンテは先祖の霊に自分の言葉では十分に表現できない気持ちがあると言いながら、その霊にその名を訊ねる。
「おお、我が枝よ。待っているだけで
わしの喜びだった。わしがおまえの根である」。
彼はこのように私に始めはじめ、答え出した。
(230ページ) 「枝」は子孫、「根」は先祖を意味する。

さらに続けて私に言った。「お前の一族が
その者の名で呼ばれる、かの山の第一環道を百年以上も
めぐってきた者とは、

わが息子であり、お前の曽祖父であった。
されば、もちろんお前が善き行いで
彼の長い苦しみを短くしてやるのは当然であろう。
(230-231ページ) 語っているのはダンテの玄祖父であり、その子でダンテの曽祖父であるアリギエロ(? -1201以後)にダンテの姓アリギエリは由来するという。アリギエロは、ダンテも訪れた煉獄の(高慢の罪を清める)第一環道をもう100年以上回り続けているという。煉獄にいる魂は生者の祈り、(生者による)貧者への施し、教会・修道会への寄進、勤行によってその滞在期間を短縮されると考えられていた。この問題が、宗教改革におけるルターの95か条の提題で取り上げられているのはご存知だと思う。それにしても、自分の先祖である曽祖父を煉獄に置いているというのはなかなか厳しい。

 ダンテの曽祖父の霊は、自分が暮らしていた古き、よきフィレンツェの町について語る:
フィオレンツァは、
今も三時と九時の鐘を響かせる昔の城壁、
その内側では平和で、品行方正で、慎み深くあった。

首飾りや宝冠や
華美な衣装や、人物よりも
目を引く帯などなかった。
(231ページ) この時代に、フィレンツェの市街は「昔の城壁」と新しい城壁とに囲まれていたが、その「昔の城壁」のすぐ近くにベネディクト会の修道院があり、教会時間の三時(午前九時)と九時(午後三時)の鐘の間で、人々は労働をはじめ、終えた。皇帝が収める都市の中で、教会の指導により、人々は平和に暮らしていた。神聖ローマ帝国の版図にあったフィレンツェはこの時代(115年)に自治都市となったが、その時には、実際に、皇帝の封臣と、都市の商人たちは一体化していて、平和に暮らしていた。

それほど安らかな、それほど美しい
市民たちの生き方に、それほど信頼できる
市民社会に、それほど麗しい住まいに、

マリアは、高き叫びの祈りに応えて、わしをお置きになった。
そして古から続く君達の洗礼堂で
わしはキリスト者となり、同時にカッチャグイーダとなった。
(234ページ) ここでダンテの玄祖父がカッチャグイーダという名であったことがわかる。フィレンツェの名門エリゼイ家とつながりがあったことがこの後で語られている。

 カッチャグイーダは長じて神聖ローマ帝国皇帝コンラートⅢ世(1093/4-1152)に従い、武勲を挙げて騎士に叙任された。そして第二次十字軍(1147-48)に従軍する。聖地で命を失った彼は殉教者として直接に天国へ来たというのである。
 翻訳者である原さんが解説しているように、十字軍についてのダンテの説明は矛盾に満ちている。蛇足になるが、ブッシュ元大統領の「十字軍」の議論と企てもむしろキリスト教の真意を裏切るものではないかという気がしている。(「宗教改革」以前にカトリック教会が主唱して行った十字軍をプロテスタントを自認する大統領が肯定するのもおかしな話である。中東に住むキリスト教徒たちが、イラク戦争における最大の被害者に数えられるという事実だけでももっと多くの人々に知ってほしいものである。どうも話が横道にそれた。) 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR