小野氏と横山党

3月8日(水)晴れたり曇ったり

 3月5日の『朝日』に「遣隋使」についての最近の研究成果を解説した記事が出ていた。厩戸王(聖徳太子)よりも小野妹子の役割を強調している点が興味深かった。小野妹子と華道の池坊との関係などについても記されていたが、関東に住んでいる人間である私にとっては、もっと気になることがある。

 小野氏は近江国滋賀郡小野を本拠地とする古代豪族で、一方で文人として知られる小野篁や能書家の小野道風、歌人の小野小町などを出した文化的な家柄であるとともに、鎮守将軍となった小野春風や藤原純友の乱の鎮圧にあたった小野好古など地方における治安の維持にあたった武人的な人物も出している。平安時代末期から南北朝時代にかけて南関東で活躍した同族的な武士団(=党)の中には小野氏の後裔であると自称するものがいた。その代表的な例が横山党と猪俣党である。

 安田元久は『武蔵の武士団――その成立と故地をさぐる』(有隣新書、1984)の中で、武蔵の武士たちが関東のほかの地域に比べると比較的小規模な武士団の結合体をつくっていたところに特徴があると指摘している。武蔵七党とよく言われるが、15世紀に編纂された辞書『節用集』には
 丹治・私市・児玉・猪俣・西野(西)・横山・村山
と記され、『武蔵七党系図』では
 野与・村山・横山・猪俣・児玉・丹・西
そのほかに、 
 横山・猪俣・児玉・丹(治)・西・私市・錣(しころ)
を七党とする説もあるという。(安田、前掲、153ページ) 安田が説くように、実際に7つの有力な武士団があったというよりも、「たんなる口調の良さから適当に作り出されたものと考えてよい」(154ページ)である。(ローマの七つの丘というが、実際には丘はもっとたくさんあるのと同じようなことらしい。) ただ、『吾妻鏡』における用例を見ると、このように「党」と表現されるのは武蔵の国の武士たちだけで(相模の「三浦党」が唯一例外をなす)あるという。

 剛勇の荒武者であるとともに、「もののあわれ」を知る心優しい武士であり、後に法然上人に帰依する熊谷二郎直実は私市党、熊谷と一の谷の先陣を争った平山武者所季重は西党、同じく一の谷の戦いで平家の武将平忠度の首級をあげた岡部六弥太忠澄は猪俣党というように、源平の合戦その他の戦いにおいて、武蔵七党の武士たちは党と呼ばれる小規模な部隊しか組織していなかったが、頼朝直属の武士として、すでに『平家物語』にその名を列挙され、あるものについてはその武勲を記されたのであった。

 横山党は武蔵国多摩郡、現在の八王子市の横山町辺りを本拠した武士団で、中央豪族である小野氏の後裔を称していたが、安田によると多摩川南側の多摩の横山と呼ばれる丘陵地に設けられていた小野牧と呼ばれる官営の牧場地の一部を開墾して開発私領とし、それを経済基盤として成長した在地領主であったと考えられるという。横山氏は次第に有力な同族的武士団に成長するとともに、他の武士団と姻戚関係を結び、影響力を広げていった。例えば、横山時重の姉妹は梶原景時の母であり、時重の子時広の姉妹は和田義盛の妻であった。

 「源頼朝が鎌倉幕府を創立した時、横山党の人々は、皆その下に参画した。横山権守時広、右馬允(じょう)時兼父子も御家人に列した。・・・ /また文治五年(1189)のの奥州征討に際しては、時広・時兼ともに従軍し、とくに頼朝の命令により、藤原泰衡の首を獄門にかける役を仰せつかったが、これは時広の曽祖父経兼が前九年の役で安倍貞任の首を懸ける役目をつとめた先例によるものであった。」(安田、162ページ)

 ところが、鎌倉幕府内で北条氏の勢力が強まるなか、建保元年(1213)5月の和田合戦で、横山時兼は和田義盛に加担し、一族数十人を率いて奮戦したが、ついに敗れて、横山氏は滅んでしまった。こうして本流は滅びたのだが、横山党を称する家はきわめて多く、小野・遠田・椚田(くぬぎだ)・井田・荻野・成田・中条・箱田・奈良・田谷・河上・玉井・別府・愛甲・海老名・山口以下数十におよぶという。そういうことで、この文章を読んでいる方の中にも、先祖は横山党の武士だったという方がいらっしゃるかもしれない。猪俣党も小野氏の後裔であると自称し、横山氏との系譜的なつながりを主張していたのだが、横山党が武蔵の南部、猪俣党が北部を本拠としていることを考えると、両者を同祖であると考えるのには無理があり、系図上の作為ではないかと安田は論じている。

 最後に、『小栗判官物語』の小栗の恋人である照手姫は、横山入道の娘ということになっていて(異説もある)、だとすると物語の語り手、あるいは、伝承者が照手姫を小野氏の血を引く存在として、小野小町に重ね合わせていたかもしれないとも思われる。ただし、男が通ってくるのを待っていた小野小町と、積極的に行動する照手姫ではかなり性格が異なることも、見逃すべきではないだろう。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR