ダンテ・アリギエリ『神曲 天国篇』(13-1)

2月16日(木)晴れ、温暖

 ベアトリーチェに導かれて天上界に旅立ったダンテは、月天で<誓願を果たさなかった人々>、水星天で<地上での栄光を追い求めた人々>、金星天で<人と人とを結びつける愛>にこだわった人々の魂に迎えられた。さらに太陽天に達した彼は神学者・哲学者たちの魂に出会う。生前ドメニコ会士であったトマス・アクィナスの魂は、フランシスコ会の創始者である聖フランシスコの生涯と業績について、フランシスコ会の総長であったボナヴェントゥーラ・ダ・バニョレージョの魂は聖ドメニコの生涯と業績について語る。この2人の聖者は教会を支えるために、神慮によって下されたのであるが、両修道会ともに清貧の教えから外れ、世俗化し堕落していることを嘆く。

 それぞれが12の輝く魂からできている二つの輪が、宇宙の調和を表現しながらダンテたちの周囲を喜びながら踊った。それに続いて魂たちは三位一体とその実現でもあるキリストの神性と人性を祝福する歌を歌った。

歌と回転がその舞踏を終わりまで導くと、
それら聖なる光は私達に注意を傾け、
喜びにあふれたまま、それまでの想いから別の想いへと向かった。
(196ページ)
 その後で、トマス・アクィナスの魂が再び口を開き、
こう言った。「一本の穂が脱穀された今、
その種が集められた今、
優しき愛は私に別の穂を叩くよう求める。
(197ページ) 「穂」は疑問のこと、「叩く」はその疑問を明らかにすることで、話は少し元に戻るが、第10歌でトマスは
その中には高い知性がいる。その賢知の
深いこと、真理の書が真実ならば、
彼に匹敵する洞察力を備えた人物が立ったことはない。
(160ページ)とイスラエルの王であったソロモンについて述べた。この言葉をめぐる疑問である。

君は信じている、味見をしたせいで全世界に代償を払わせている
美しい頬を作り上げるために、
かの肋骨が抜きとられた胸のうちにも、
(197ページ) 「美しい頬」は知恵の木の実を味わったために、人類の原罪の元凶となったエヴァ(『新共同訳 聖書』ではエバ)、「かの肋骨が抜きとられた胸」はアダムの胸を指す。旧約「創世記」3‐21と22には、神がアダムの胸からあばら骨を抜き取ってエヴァを造ったことが記されている(なお、同じ「創世記」の1-27には「神はご自分にかたどって人を創造された。/神にかたどって創造された。/男と女に創造された。」とある)。

槍に貫かれることで
それ以前とそれ以後の贖いをなし、
どのような罪と秤にかけてもそれに打ち勝つあの胸のうちにも、

人類が持つことを許される限りの
知性の光のすべてが、前者と後者を創造された
御力によって注がれたことを。
(198ページ) 十字架で槍に貫かれて人類の原罪を贖い、あらゆる罪からの救いを開いたキリストと、神によって直接作られたアダムが人類史上最高の知性を持つとダンテは信じてきた。

それゆえに君は、私が先ほど話したことに驚嘆している。
第五の光の中にいる善は
それに匹敵するものを持ったことはないと私が語った時のことだ。
(同上) トマスの魂が、ソロモン王に匹敵する知性の持ち主はいないと語ったことに、ダンテが驚き、真偽をただそうとしていることに気付いているのである。
さあ、私が君に答えることに目を開きたまえ。
さすれば、君の信じていることと私の言ったことが、
円とその中心の関係のごとく真理の中にあることを君は見るであろう。
(同上) ダンテの信じていることと、トマス・アクィナスの言葉は、円周上の2点が同一の中心点を持つように大いなる真理に対して、個別の真理としてどちらも正しいというのである。
 翻訳者である原さんは、アダムのあばらからその1本が抜かれ、その骨からつくられたエヴァの過ちにより人類が天国を追放され、今度はイエス・キリストがその胸に槍を受けたため、再び人類に天国が与えられた。イエス・キリストの胸に刺さる槍は、アダムから引き抜かれた骨を象徴していると、両者の関係に注目し、世界は調和・対称関係で作られているというダンテの思想をその中に見ている。(アダムとエヴァが追い出されたのは、地上楽園からであり、イエスによって天国の門が開かれたというのと、厳密には対応しないのではないかという気もする。)

 トマスは説明する:
不滅のものも必滅のものも、
我らの主が愛によって生み出した
イデアがきらめいた反射光以外の何物でもない。
(198-199ページ) 主<父>が、愛<精霊>を通じて、万物の原型であるイデア<子>により、万物を創造した。
 そして、宇宙を9層に形作る永遠なる天使たちは、神の叡知の光を反射して地上に伝えているが、その光は全体としては三位一体を維持している。
 地上の事物は、その天使たちが司る天空に応じた段階を経て伝えられる神の力によって形相を与えられるが、地上に届く力は減衰しているために、生物も非生物も含めて最後には滅ぶ偶有物(存在に必然的な理由がなく、必然の事物の「影響」で存在する、あるいは存在しなくてもよかったもの)と化す。そして、天空の状態は刻々と変化するので、地上の事物も多様性を持ち、同種の中でも出来、不出来が起こる。
このことから、種においては
同一の木が良い実や悪い実を結び、
君達が異なる性質を持って生まれてくるということが起きる。
(200ページ) ここでトマスが展開する説明は回りくどく、まだ、ダンテが心に抱いている疑問に対する最終的な回答はなされていないが、第13歌のだいたい半分のところまで来たので、今回はここまでとしておく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR