ジュリー・ベリー『聖エセルドレダ女学院の殺人』

1月18日(水)晴れ、雲が多かったが、比較的温暖。

 ジュリー・ベリー『聖エセルドレダ女学院の殺人』(創元推理文庫)を読み終える。

 1890年のある日曜日、イングランド東部ケンブリッジシャーの都市イーリー。この市の郊外にある女生徒たちを対象とした小規模な寄宿学校である聖エセルドレダ女学院では、いつもと同じように校長のコンスタンス・プラケットが弟のアルドス・ゴッディングをもてなすディナーの席に、彼女の学校の7人の女生徒たちを招いていた。厳しいしつけと厳格な道徳指導を売り物にするこの学校らしく、校長とその弟は子牛の肉を口にしたが、その肉を料理した女生徒たちはバター付きパンと煮豆で我慢することによって、将来の結婚生活に備えるのであった。
 ところが、その食事の席で校長とその弟が相次いで倒れて、息絶える。それぞれ家庭の事情で、この学校に送られてきた女生徒たちは、学校が廃止になれば、親元に戻され、おそらくはまた別の学校に送られることになるだろう。不本意ながらこの学校に在籍することになった7人ではあるが、一人っ子であったり、男の兄弟しかいなかったということもあって、姉妹のようなまとまりをもつようになっていた。

 家族のもとに返されることを恐れた彼女たちは、死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。「『わたしたちはみんな、なりたい自分になれる。偏屈で気難し屋のプラケットきょうだいが押し込もうとした型になんてはまらずに』興奮が巻き起こる。『姉妹たちに…助け合っていきましょう。何があっても』」(31ページ)。
 リーダーシップをとるのは決断力と行動力に富む<機転のキティ>。彼女たちの近くに出現する若い男性たちに言うことを聞かせる特技を発揮する美人の<奔放すぎるメリー・ジェーン>。長身で頭の回転は鈍いが、優しくて親切で、同情心に溢れた<愛すべきロバータ>。音楽の才能のある<ぼんやりマーサ>は気が弱くて騙されやすいが、時に周囲をびっくりさせるような衝動的行動に出る。体系が似ているからとプラケット校長の影武者を押し付けられた<たくましいアリス>は驚くべき演技力を見せる。年少だが科学的な知識が豊かな<あばたのルイーズ>は校長とその弟殺しの犯人を捜す探偵役を託される。死や死体に魅力を感じるという<陰気なエリナ>は、アリスをプラケット校長に似せるためのメークアップで思いがけない能力を発揮する。

 ルイーズの分析で、二人は毒殺されたことがわかる。7人はそれぞれの得意分野を生かして、校長は生きており、弟は甥の看病のためにインドへ旅立ったと表面を取り繕って局面を乗り切ろうとするが、見知らぬ人物が続々と登場し、また次々に新しい事実が判明していく…。

 本文124ページに出てくるように、このエセルドレダ女学院は「フィニッシング・スクール」である。翻訳者の神林美和さんは解説の中で、「若い女性がよき家庭人になるため、あるいは社交界デビューに備えて、教養とマナーを学ぶ学校」(390ページ)と解説し、『リーダーズ英和中辞典』によれば、「教養学校〔学院〕《若い女性が社交界に出る準備をする私立学校》」である。アガサ・クリスティーの『魔術の殺人』では、ミス・マープルがフィニッシング・スクールで一緒だった女性の危機を救おうと活躍する。なお、私立学校というのはprivate schoolの訳語で、日本の私立学校のように学校法人によって経営され、正規の学校と認められている学校ではなくて、任意に設置され、維持されている非正規の学校である。この種の学校にも一種の格差があって、貴族や金持の令嬢はスイスやイタリアの学校に行くが、国内の学校に送られている彼女らは経済的に多少遅れを取っている家庭の出身らしい。この作品中でもエセルドレダの生徒たちは、クイーンズ・スクールという学校の生徒たちに敵意を燃やしているが、こちらは、日本の私立学校と同じく正規の学校のようである。なお、先年、没したスコットランド出身の作家ミュリエル・スパークの晩年の作品『フィニッシング・スクール』が描いている学校は、現代の話で、寄宿制ではあるが、男女共学で、まったく別の種類の教育を行っている。読みながら、私も金があれば、こういう学校を経営してみたいと思った記憶があり、もし関心があれば、ご一読ください。

 事件との取り組みを通じて、女生徒たちの世界は広がり、人間に対する見方も変わっていく。高等教育や専門職への就職が視野に入ってくる。それに十代という年頃の女性であるから、彼女の周辺に出現する農場主の息子や警官、事務弁護士の助手、神学生などの若い男性たちとのロマンスが芽生え始める。現代のアメリカ人の作家が、1890年ごろ(シャーロック・ホームズの時代)の出来事を想像で描いているので、歴史的な事実とは多少食い違うところがあってもしかたがないし、素人探偵の推理だからなかなか真相解明が進まないところもあるが、ユーモアも適当に織り込まれて、楽しく読める作品である。

 なお、最後の方で登場人物が<クロケット>を始めるという箇所があるが、スティックでボールを打って逆U字型の鉄門をくぐらせるというこのゲームは、<クローケイ>と発音されるし、伝統的に<クローケー>と言い慣わされてきたのではなかろうか。(『若草物語』など、このゲームが登場する作品は少なくない。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR