語学放浪記(52)

10月2日(日)晴れ

 もう30年以上昔の話のことである。私の大学院の後輩が、短距離で有名な桐生選手の出身校で非常勤講師をしていて、桐生選手ほどではないが、やはりインターハイで活躍した選手が教え子の中にいて、無事一流大学への推薦入学を獲得した。その彼が「先生、ドイツ語の辞書は何がいい?」と尋ねてきたそうである。私の後輩がドイツ語がよくできるのを知ってのことではあろうが、気が早すぎると思う。学問研究のドイツ語とスポーツのドイツ語の違いを考えに入れる必要がある。この場合の、一番いい答えは、大学に入って専門のスポーツの指導をしてくれる先生と相談して語学の履修や辞書について教えてもらうといいということである(もっとも大学の先生がそれほど親切かどうかはわからない、でも相談してみる価値はあるだろう)。大学の専門の先生は海外に留学したり、外国人に指導を受けたりして、自分たちの流儀を持っているはずである。

 1969年に発行された『20か国語ペラペラ』(実業之日本社)というの本の中で、著者である種田輝豊は「現在の仕事では、翻訳以外、話すドイツ語はほとんど活用できない。国際会議では、ドイツ語の影は薄れている」(131ページ)と書いている。 ここで注意してよいのは、ドイツの影が薄くなったわけではなくて、「ドイツ語の影」が薄くなったということである。ヨーロッパ統合の中でドイツが果たした役割は中心的なものであったといっていいし、ドイツ経済は世界の上位に位置し続けてきた(今でもそうである)。ドイツ語の影が薄くなったのは国際会議等で公用語としての使用が避けられたことと、1970年代くらいからコンピューターが普及しだして、abc26文字だけで表現ができる英語が有利になったことのためである。もちろん、多くのドイツ人が英語がよくできるためでもある。

 ところが、惰性というのは恐ろしいもので、1970年代の半ばになっても第二外国語というと当然のようにドイツ語という風潮は残っていたし、大学に先生たちの中には大学の教師や大学院生の現状を考えずに、とにかく、ドイツ語なら先生の売れ口はあると、勧める人がいた。能ある鷹は爪隠すということで、大学の体育の先生の中にはドイツ語のできる人は少なからずいたようである。ドイツはさまざまな運動競技における先進国であり、サッカーやバスケットボールだけでなく、ドイツ語を通じて学ぶことのできる領域は少なくないはずである。それからドイツ語ではなく、フランス語やイタリア語、スペイン語を通じて学ぶということもあっていいはずである。大学の先生の中には自分の専門の知識の習得のためにいろいろな語学を身に着けている人もいるし、そういうことが必要ない人もいる。私が最初に就職した大学で第二外国語というのはドイツ語だけだったが、これはどう考えても筋が通らず、先生連中の留学歴などの多様性と対応しなかった。非常勤講師を探したり、大学の教員の間で融通しあったりして、他の言語も開講すべきだっと思う。実際、そういうことを言う先生もいらしたのだが、旧態墨守という考えが強かったのか、表面化しなかった。教養の授業として開設するのではなく、例えばイタリア美術史のような専門の授業として開設しておいて、教養科目に読み替えるというような工夫もあってよかったのだが、大学自体がもっと別のことで大騒ぎしていたこともあったかもしれない。

 現在、世界で最も多くの人々に使用されている言語は中国語である。たぶん、日本国内でも(少なくとも横浜市内では)2番目に多く話されている言語である。その次に来るのが英語とスペイン語であるが、なぜかスペイン語は私の学生時代、いや教師になっても、日本の大学で教えられる例が少なかった。大学院時代の指導教官がドイツ語の教師の口ならいくらでも紹介するといったのを聞いても、そもそもドイツ語の本を1冊も読んだことのない私がドイツ語の教師になれるわけはなく、むしろ長期計画で、スペイン語を勉強するほうが先の見込みはありそうだと、その後30年余りスペイン語の勉強を続けることになった。残念ながらこの目論見は外れたが、大学時代の私の同僚の中には数人、私よりもかなりスペイン語が達者な研究者がいた。つまり、私だけが変わったことを考えていたというわけではないのである。

  何かいろいろなことを書いてしまったが、大学では専門として何をするかということと結びつけて外国語の学習をすべきであり、例えばオランダ東インド会社の研究をしたいというのであれば、英語やドイツ語ができるに越したことはないが、やはりオランダ語が必須であろうし、フェルナンド・ペソアの詩の研究がしたければ、ポルトガル語をまず勉強すべきであろう。大学院に進学せずに就職するという場合でも、何か特定の領域での外国語による訓練を受けることが就職後の財産となるはずである。スポーツの選手の場合、大学の外の会話学校に通うことも一つの可能性だが、自分の先生の思いがけない能力を発見するということもあるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR