勲章

4月13日(水)曇り、時々小雨

 4月8日、神保町シアターで「生誕110年 女優杉村春子」の特集上映の中から、渋谷実監督の『勲章』(1954)を見た。俳優座の製作による映画であり、俳優座のほか、新人会など俳優座の養成所出身者が結成した劇団の俳優が多数出演している中で、文学座から杉村が出演しているのが注目される。他に、香川京子と佐田啓二が顔を見せている。
 この特集で上映される17本中では成瀬巳喜男の作品が、『めし』、『晩菊』、『流れる』、『鰯雲』、『娘・妻・母』、『女の座』と6本を占めるが、小津安二郎作品が『晩春』、『東京物語』の2本、木下恵介作品が『大曾根家の朝』、『野菊の如き君なりき』の2本、渋谷実作品ではこの『勲章』が上映され、松竹の全盛期を支えた3人の監督の演出の中での杉村の演技を見ることができるのも見どころの1つではないかと思う。

 元陸軍中将岡部雄作(小沢栄、のちに栄太郎)は戦後、義弟である実業家の西野梅吉(永田靖)の家の離れで、犬の訓練などをしながら、娘のちか子(香川京子)、息子で大学生の憲治(佐田啓二)と暮らしているが、義弟の一家からは邪魔者扱いをされている。梅吉の娘の久美子(岩崎加根子)の結婚式に出かけるのに、金鵄勲章を佩用して出かけようとして止められる場面がある。その披露宴で、今は保安隊(現在の自衛隊)の要人である黒住(松本克平)から、戦争中に自分たちの罪をかぶって戦犯となった部下の寺位(東野英治郎)が、彼と同じく中将だった三島(千田是也)を探して復讐しようとしていると聞く。
 そこで岡部は帰りがけに三島を訪ねる。妻を失った三島はむかしの女中(お手伝い)と結婚して、今川焼き屋をやっている。岡部蒲生一旗揚げようと思っているのに対し、三島は市井に埋もれて平和に暮らそうとしている。
 岡部は黒住に寺位を自分のところにまずよこすように伝えておいたのだが、彼に会いに来た寺位はむかしの恨みは忘れたといい、あけぼの会という怪しげな団体を組織して、再軍備の運動に乗り出そうとしているという。その団体の代表に岡部を迎えようというのである。(怪しげというのは、例えば、その本部がストリップ劇場と同じ建物の中にあるというようなことである。)

 こうして岡部は全国を走り回って、再軍備を推進しようとする。賛同者も増え、それにつれて義弟一家の彼を見る目も変わり、義弟の会社の顧問に迎えられたりする。それまでと違って生き生きとしはじめた様子に娘のちか子ははじめのうち喜んでいたが、父親が彼女を寺位と結婚させようといいだしたことに反発して、父のもとから離れていく。彼女には鉄工所で働く宗行二郎(岡田英次)という恋人があるのである。憲治はアルバイトに走り回る一方で、町内の演芸大会で知り合った囲われ者の浅子(東恵美子)と親しくなり、その家に入り浸っている。浅子に手当てを渡しているのは金貸しの島村よね(杉村春子)であるが、彼女は戦争中にマレー方面で活躍し、旧軍人たちと顔なじみであるばかりでなく、岡部が戦地で設けた隠し子についての情報を握っている。やがて岡部に近づいたよねは、運動の資金を提供する代わりに、岡部が戦後も持っていた郷里の山林を担保にとる・・・。

 軍人にとっては名誉のしるしである勲章も、戦争が終わって世の中が変わってしまえば、おもちゃ同然となる。しかし、再軍備が実現すれば…という風刺喜劇で、士官学校で教育を受け、軍人として国のために重ねてきた努力が報われないわけがないと思い込んでいる主人公の性格描写が、例えば軍隊を会社に置き換えれば今でも通用しそうな、日本の男性の一つのタイプをよく表現している。益田ミリさんの『オトーさんという男』というマンガが描きだしている男性像がそっくりとは言えないまでも、多くの共通するものを感じさせる。会社人間の小市民の場合には小悲喜劇で済むことが、陸軍となるとそうはいかないのである。もちろん、日本の男性がすべてそうだというわけではなく、この作品には岡部を利用しようとする連中や、三島のように過去を忘れて新しい人生を生きようとする人物、保安隊(自衛隊)の中で成功していく世渡り上手な人間なども描かれている。ただ、その中で愚直で利用されやすい人物を主人公に設定してしまったことで、この作品は風刺喜劇としては成功しなかったように思える。

 さらにいえば、その後の歴史を見てきた観客が、60年以上の時間を隔ててこの作品を見ると、かなり複雑な気分になるのではなかろうか。この映画が作られた1年後には、「保守合同」で自由民主党が成立し、その長期政権のもとで、自衛隊の軍備は増強されてきたし、生存者叙勲も復活したのである。そういえば、この映画が作られた年は安倍首相が生まれた年でもある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR