ダンテ・アリギエリ『神曲 煉獄篇』(26-1)

4月1日(金)晴れ後曇り

 ウェルギリウスに導かれて煉獄山の周囲をめぐる環道の内で最も高い、第七環道にダンテはたどりつく。ローマ時代の詩人であるスタティウスが途中から同行する。彼が合流した第21歌からこの第26歌までに登場する人物は詩人たちであり、世界を動かす原理である<愛>とそれが世界のしくみにどう関係するかについての考察が終わって、どのようにして神の愛の言葉を人々に伝えるのかという詩人たちが抱く課題が、煉獄における贖罪の描写との関連で論じられている。この間、第五環道では貪欲、第六環道では飽食、第七環道では淫乱の罪がどのようにして清められるのかが目撃された。第七環道では内側の崖から炎が噴き出して、その炎に焼かれて魂たちが淫乱の罪を清め、道のもう一方の端では上に向けて風が吹き、炎をはじき返していた。3人は、炎と絶壁の間の狭い道を一人一人進まなければならなかった。

こうして一人が前に、もう一人が後ろになり、
私達が縁を進んでいた間、優しき師はしばしば
私におっしゃっていた。「気をつけるのだ。わが教えを生かすがよい」。

太陽は右肩の方から私を照らし、
すでに光線を放ちながら、西の空をすみずみまで
空色から白に変えているさなかだった。

そして私は影を映して炎の
赤をひときわ深く見せていた。多くの影達が
歩きながらこの徴(しるし)に注目しているのを私は見た。
(380ページ) 沈み始めている太陽は、生きた肉体をもつダンテの体から長い影を投げかけさせ、そのことが炎の中で罪を浄めている魂たちの好奇心を動かした。炎の中の1人がダンテに話しかけてきたが、始まりかけた対話は、同性愛者たちと、中庸を逸脱して獣的な異性愛に走った人々に分かれた贖罪者たちの集団の出会いによって中断された。

ある人々は去っていき、別の人々は近づいてくる。
そして涙を流しながら、はじめの歌と
それよりも彼らにふさわしい叫びに戻った。

すると私に願い出た人々と同じ人々が、
先ほどと同じように私に近づいてきた。
その表情は話を聞こうとして真剣だった。
(384ページ) ダンテたちは右方向に進んでおり、同性愛者たちは左に、異性愛の者達は右に進む。「はじめの歌」とは、土曜日の早朝一番の聖務日課で歌われる歌で、1631年以前には「無上に憐れみ深き神よ」と歌いだされ、終わりには「我らから悲しき淫乱を取り去りたまえ」という一節があった。歌い終えると同性愛者たちは「ソドムとゴモラ」、異性愛者たちは「牝牛の中にパーシパエーは入る、雄牛が走り来て、彼女の淫欲を満たすよう」と叫ぶのである。神話中の人物であるクレータ島のミノス王の王妃パーシパエーは雄牛に恋をして、名工ダイダロスが作った牝牛の姿そのままの木像に入って交わり、怪物ミノタウロスを産み落とした。ダイダロスは迷宮を設計して、その中にミノタウロスを隠すことになった。

 ダンテがなぜここにいるかを聞こうとしている魂たちの真剣な態度に打たれて、ダンテは自分がまだ死んでいない、生身の人間であること、そして彼の旅の使命について語る:
私がここを通って高みに行くのは、盲目であり続けぬためだ。
私のために恩寵を得た貴婦人が上にいらっしゃる。
その恩寵ゆえに私は必滅の身をあなた方の世界で運んでいる。
(385ページ) そして、自分に問いかけてきた魂が誰であったのか、また去っていった魂たちが何者であったのかを尋ねる。

 最初にダンテに話しかけようとした人物が口を開く。去っていった人々は同性愛者であり、自分たちについては
我らの罪は両性間のものではあった。
けれども人としての則を守らず、
けだもののように欲望に従ったがゆえに、
(388ページ)ここでその罪を浄めているのだという。自分たちが誰であるかを語り尽くす時間はなく、また全員の名を知っているわけではない。しかし、自分の名前だけはいうことができるという:「・・・
私はグイド・グィニツェッリ。すでに贖罪をしているのは、
最期の時より前に正しく悔悛したことによる」。
(同上) 詳しくは次回に論じるが、グィニツェッリはダンテ自身が属していた清新体派の創始者とされる詩人である。ダンテは自分自身の直接の師であるブルネット・ラティーニの死後の姿を『地獄篇』第15歌で描いたし、かつての親友で好敵手でもあったグイド・カヴァルカンティについても否定的な評価をしているが、グィニツェッリについては煉獄の一番上の天国の近いところに置いたというのは興味深いことである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR