夢の中の図書館

2月1日(月)曇り、一時小雨

夢の中の図書館

今夜のうちに
読んでしまおうと
ベッドの中で読んでいたはずの本を
いつの間にか取り落として
眠った

夢の中で
学生時代に戻って
大学の図書館の書庫に入り込み
書物の背文字を追いかけていた

どんな本でも読めるような
気持ちがしていた
あのころに戻っていたが
読める本は限られていることを
知っている老人のぼくが
むかしのぼくに忠告しようとした
すると
賢くなったかもしれないが
野心も感性もなくしてしまったじゃないかと
むかしのぼくが言い返した

目が覚めて
ベッドから落ちていた
本を拾い上げる
昨夜のうちに読み終えるつもりだった
本を読み終えるのが
また一晩遅くなった
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR