花見のころ

3月26日(火)曇り、時々晴れ間が覗いた

 年少の友人のハガキ通信より:「ここ4,5年年を重ねるごとに知らないことが多くなっていることを実感している。」 知と無知との関係は円と円周の関係だと言った人がいる。円をさらに大きくしようとする努力は人間を人間として完成に向かわせるものである。私は――というと、知らないことを追求するのをあきらめ始めている。そのことに、自分の老いを感じている。

 首都圏の花の見ごろは、今日で終わりらしい。24日に三ツ沢公園に出かけたが、花を見ている時間がなかったのが残念である。

 花見のころ

コンクリートに固められて
自由の利かなくなった
流れだけれど
暴れずにいてやろうと

どぶ川が機嫌よさそうなのは
天気が良いからか、
花びらが水面を
飾り立てているためか、

ちょっと酔っ払った流れを
適当におだてながら
そよ風が吹いているためだろうか

それとも青空が
自分自身のように思われて
何となく 我を忘れているのか

花見客が
騒いでいる
傍らで
どぶ川が おだやかに
流れている。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR