日記抄(11月26日~12月2日)

12月2日(水)今のところ曇り、そのうち雨が降るかもしれない

 今晩は研究会に出席する予定なので、早めにまとめておく。

 11月26日から本日までの間に経験したこと、考えたことの前に、前回、書き漏らしたことから始める:
 11月19日の「まいにちフランス語」応用編(今年の1~3月の再放送である)に
Wang et Eva sont au sactuaire Meiji à Tokyo pour le rèveillon de la Saint-Sylvestre.(ワンとエヴァは、東京の明治神宮に、初もうでに出かけてきました)という文が出てきたが、放送の中で講師の清岡智比古さんが言っていたように、これは大みそかの夜から除夜の鐘をまたいでの初もうでということである。la Saint-Sylvestre(聖シルヴェストロの祝日)とは12月31日だからである。
 11月20日の「まいにちイタリア語」応用編に野菜の名前がいろいろ出てきて、ナスのことをイタリア語でmelanzanaということを知った。明治時代のベストセラー『食道楽』の著者である村井玄斎の娘の米子が書いているが、玄斎が平塚の自宅に設けていた菜園を新渡戸稲造が外国人のお客を連れて訪問した。その際に通訳を務めた学生がナスを英語でなんというかわからずにblack tomatoと訳したので、新渡戸が大笑いしたという。ナスは英語でeggplantである。

11月26日
 NHK「ラジオ英会話」は”English Conversation Literacy"の一環として、氏名の使用について取り上げた。家庭の中では、ふつうニックネームを使うのだが、Catherine(Katherine) のnicknamesにはKate (Cate), Kath (Cath), Kat (Cat), Kathy (Cathy), Katie(Katey, Katy), Kay (Cay),Kati, Kit ,Kittyなどがあるという。番組の女性パートナーであるKatie Adler さんの本名もKatherine Adlerだそうである。女優のKatherine Hepburnの愛称もKatieであった。
 学校の先生を呼ぶときには敬称をつけるという話で、
Goodbye, Mr. Chips! -- Good bye, Petula!
という例が挙げられていたのは、ピーター・オトゥールとペトゥラ・クラークが共演した映画『チップス先生さようなら』を意識したものあろうが、この作品で『チップス』というのは生徒が先生につけたあだ名で、Chippingというのが本当の姓なのである。だから、ここでレイとして挙げるのは必ずしも適切とは言えないのではないか。

11月27日
 アラン・ブラッドリーの『不思議なキジのサンドウィッチ』(創元推理文庫)を読んでいたら、ヒロインの少女の母親が好きだった歌が、ノエル・カワード(1899-1973)の『ほろにが人生』(Bitter Sweet、1929)というオペレッタの中の「タララ・ブーンディエイ」(Tara-ra boom-de-ay、3幕で歌われているそうである)という歌だったという話が出てくる。カワードは劇作家、俳優など多くの分野で活躍した才人であるが、われわれの年代ではピーター・コリンソン監督の映画『ミニミニ大作戦』の演技に強い印象を受けた連中が多い。

11月28日
 NHKラジオ「攻略!英語リスニング」では科学の話題として”Black Holes"(ブラックホール)について取り上げた。ブラックホールはあらゆるものを(光までも)呑み込んでいるが、
Even supposing you survived, your destination is unknown. No one knows what you would find --- perhaps a wormhole to another universe -- but that will have to be a subject for another lesson. (たとえ生き延びたとしても、どこにたどりつくかはわかりません。何があるかは誰も知らないのです――おそらくは別の宇宙へのワームホールがあるのではと思われますが――それはまた別の授業で取り上げるとしましょう。)
 別の宇宙があるということは、そのまた別の宇宙があるかもしれないということで、さらにそのまた別の宇宙…と考えていくと落語の『浮世根問』のような感じで、なんとなく面白い。

 出かける準備をしなければならなくなったので、ここでいったん打ち切ります。続きは、今夜帰ってきてからか、明日になってから書くことにします。悪しからず。
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR