2015年の2015を目指して(10)

10月31日(土)曇り、雨が降りだしそうで、とうとう降らなかった。

 10月もずっと横浜で過ごした。それで1月から通算すると、神奈川県(横浜市)で過ごしたのが303日、東京と(文京区)で過ごしたのが1日ということである。新しくどこかに出かけたということもなく、これまでに出かけたのは2市8区、利用したのは鉄道6社、バス2社、乗り降りした駅は鉄道21駅、バス5停留所ということである(9月に数え間違えをしていた)。

 ブログを、このブログを含めて32書き、1月からの通算は308である。2件のコメントを頂き1月からの通算では26件ということになる。トラックバックはなく、1月からの通算では3件、拍手が656、拍手コメントが1件(1月からの通算では10件)ということである。これまでにいただいた拍手が10,000を越え、感謝の気持ちでいっぱいである。これからもご支援をよろしくお願いしたい。

 14冊の本を購入し、1月からの通算では132冊である。9月のまとめで、買った本の合計を116冊と書いたが、118冊であった。読んだ本は11冊で1月からの通算がちょうど100冊になる。読んだ本を紹介しておくと:貝塚爽平『富士山の自然史』、シャーロット・マクラウド『納骨堂の奥に』、愛川晶『三題噺 示現流幽霊』、大倉崇裕『オチケン!』、オヴィディア・ユウ『プーアール茶で謎解きを』、ヴォルテール『カンディード』、今野真二『常用漢字の歴史』、松尾義之『日本語の科学が世界を変える』、本多健一『京都の神社と祭り』、大倉崇裕『オチケン! ピンチ』、シャーロット・マクラウド『にぎやかな眠り』である。推理小説が多いが、落語に関係するものが多く、翻訳作品では、アメリカのニューイングランド地方を舞台にしているシャーロット・マクラウドの作品が2点あるところに好みが現われていると思う。『にぎやかな眠り』よりも2日早くカトリーヌ・アルレーの『犯罪は王侯の楽しみ』を読みはじめ、しかもあるレーの作品のほうが量が少ないにもかかわらず、マクラウドの方を早く読み終えて、批評までブログに掲載した。英米系のミステリーを好む傾向が顕著である。なお、本を購入した書店は3店のままである。西田龍雄のアジアの文字についての本を読んで、中国の少数民族の言語と文字について級に興味がわき、内山書店と東方書店を覗いたりしているので、これから数字が少し伸びるかもしれない。

 NHKラジオ英会話を17回(1月からの通算では196回)聴いている。「入門ビジネス英語」は10月から再放送になったので、72回のまま、「実践ビジネス英語」は11回で1月からの通算では120回、「刻略!英語リスニング」は6回で1月からの通算は78回、「ワンポイント・ニュースで英会話は22回で、通算では201回、「まいにちフランス語」が9回で1月からの通算が181回(応用編は1~3月の再放送)、まいにちイタリア語が17回で1月からの通算が193回、このほかに現在はやめているが「アラビア語講座」を24回、「まいにちドイツ語」を59回聴いているということである。

 NHKカルチャーラジオの「琳派400年の美」を5回分、また「弥次さん喜多さんの膝栗毛」を5回聴いている。この外に、「プロテスト・ソングとその時代」を12回、「ボブディランの世界」を12回、「私たちはどこから来たのか」を11回、「私の落語はくぶつ誌」を12回、「17音の可能性」を12回、「シルクロード10の謎」を11回、「ガリバー旅行記」を11回、「富士山はどうしてそこにあるのか」を10回分聴いている。

 映画は5本みて、1月からの通算では40本である。『挽歌』(秋吉久美子ではなくて久我美子の方)、『還って来た男』、『ビッグ・シティ―』、『チャルラータ』、「アリバイ」というのがその中身で、月の初めにかなり昔の映画を4本みて、月の終わりになってからこれまた1本古い映画を見たというのがありのままのところ、今の自分と同時代の映画を映し出す映画を見る意欲がなかなか起こらないのが問題である。

 サッカーの試合は1試合見ただけであった。1月からの通算では17試合で、全国高校サッカー選手権が4試合、J2が12試合、天皇杯が1試合ということである。

 ノートを2冊、ボールペンの替え芯2を2本、テキストサーファーを1本使い切った。このあたりの数は必ずしも正確ではない。オータム・ジャンボが5枚(末等)あたり、1月からの通算では22枚が当たったことになる。アルコール類を口にしなかったのが5日で、1月からの通算では36日ではないかと思う。

 個々の数字は正確さに欠けるところがあって、これから正確な数字の把握に努めるつもりであるが、何とか2015年の2015は達成できそうなので、最後の追い込みに入っていくつもりである。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tangmianlaoren

Author:tangmianlaoren
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR